さわらのみそ焼き

236kcal
1.6g
20min
さわらのみそ焼き
さわらのみそ焼き

一口サイズが食べやすくておしゃれ。ご飯の進むみそ味で

材料(2人分)

  • さわら(切り身)…2切れ
  • 下味(塩少々)
  • 菜の花…1/4束
  • 合わせみそ(みそ大さじ1 1/2、砂糖大さじ1、みりん小さじ2)
  • 白いりごま、黒いりごま…各小さじ2
  • ・塩
さわら(切り身)…2切れ
下味(塩少々)
菜の花…1/4束
合わせみそ(みそ大さじ1 1/2、砂糖大さじ1、みりん小さじ2)
白いりごま、黒いりごま…各小さじ2
・塩

作り方

  1. さわらは軽く塩をふってから、1切れを3〜4つに食べやすく切る。菜の花は塩少々を加えた熱湯で色が鮮やかになるまでゆでて冷水にとり、水けを絞る。
  2. 合わせみその材料をよくまぜておく。
  3. 焼き網かグリルを熱してさわらを並べ、こんがりと焼き色がついたら裏返し、軽く焼いて表面に2のみそをぬる。みそにうすく焼き色がついたら皿に盛り、白と黒のごまを半分ずつにのせる。食べやすく切った菜の花を添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

さわら
さわら
「鰆」(さわら)の字のごとく、「鯛」と並んで春の魚と称されています。成長につれて、「さご…

基本の扱い方

塩をふって、水をふく(1)

さわらは生では身が割れやすい魚なので、扱いには注意します。塩を両面に軽くふって約10分、水が出てぬれたように表面が光るまでおきます。

塩をふって、水をふく(2)

余分な水分が出て身がしまったら、ペーパータオルでそっと包むように水をふきます。出てきた水は魚の生臭みがあり、水をしっかりふくことで生臭みが消え、また調味のときに味がなじみやすくなります。

みそ漬けにする

みそに漬ける

甘みのある西京みそに漬ける、西京漬けがおなじみですが、普通のみそでも、充分においしく作れます。さわら2切れに対し、みそ120gと酒大さじ1を混ぜ合わせます。保存容器にみその半量を入れ、さわらを入れて、残りのみそでおおって表面をならし、約2時間漬けます。みその塩分で水分が出て身がしまり、うまみが増すとともに扱いやすくなります。

焼く前に

みそ漬けのさわらを焼くときは、さわらをみそ床からだし、焦げやすいみそを、へらなどでこそげて、しっかり取り除きます。魚焼きグリルで片面2〜3分を目安に焼きます。途中、表面が焦げてきたら、火を弱めたり、アルミホイルをかぶせて焼くなどの工夫を。

保存する場合は

みそにあまり長く漬けすぎると、味がしみすぎて塩辛くなってしまいます。みそ漬けにしたさわらをすぐに焼かない場合は、みそ床から取り出してみそをこそげ、1切れずつラップに包んで冷蔵保存して。なるべく早く調理しましょう。

菜の花
菜の花
春を告げる野菜、菜の花。かすかな花の香りと、ほのかな苦みが魅力です。基本的には、アブラナ…

基本の扱い方

根元を切る

茎の下の部分は、かたく、水分が抜けていることもあるので、適当な長さを切り落とします。切ることによって、水を吸い上げやすくする効果も。

冷水につける

根元を切り落としたら、冷水につけて水を吸わせ、しゃきっとさせます。こうすることで、ゆでたり、炒めたときの、歯ごたえがよくなります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //