赤パプリカのマリネ

143kcal
0.3g
20min
赤パプリカのマリネ
赤パプリカのマリネ

まろやかな甘みが引き立つ

材料(2人分)

赤パプリカ…大4個
ワインビネガー(またはバルサミコ酢)…大さじ2
赤とうがらしの小口切り…少々
にんにくのみじん切り…少々
パセリのみじん切り…少々
・オリーブ油、塩、こしょう

下ごしらえ

  1. パプリカの皮をむく。焼き網の上で転がしながら強火で表面を焼く。オーブントースターで焼くときは、途中で裏返す。
  2. 皮に焦げ目がついたら火を消し、そのまましばらくおいて粗熱をとる。
  3. 指で皮をつまんでむく。水っぽくなるので、水にはつけないこと。

作り方

  1. パプリカは皮をむき、縦に短冊切りにしてバットに入れる。

    パプリカは、マリネにするときに味をしみこませたい料理に使うときなどは、皮をむいてから使う。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、赤とうがらしとにんにくをゆっくり炒めて香りを出し、火を止めてワインビネガーを加え、1のバットに加える。塩、こしょう各少々で調味し、10分程度おいて味をなじませ、パセリをふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

葛西麗子
ヨーロッパ各地で料理と製菓を学び、「葛西麗子お菓子教室」「スタジオECS料理教室」を主宰。著書には「とろぷるデザート (やわらかめがおいしい)」(世界文化社)、「お菓子の時間―秘密のレシピ・おいしい話」(日本ヴォーグ社)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

食材の扱い方・ポイント

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //