かぼちゃフェットゥチーネのゴルゴンゾーラソース

1059kcal
3.9g
かぼちゃフェットゥチーネのゴルゴンゾーラソース
かぼちゃフェットゥチーネのゴルゴンゾーラソース

ゴルゴンゾーラ特有の味がかぼちゃにマッチ

材料(4人分)

かぼちゃフェットゥチーネ(でき上がり約550g分)
 ・かぼちゃ(種、わた、皮を除く)…200g
 ・強力粉…300g
 ・卵…1個
 ・塩…小さじ1/2
 ・オリーブ油…大さじ1
かぼちゃフェットゥチーネのゴルゴンゾーラソース
 ・ゴルゴンゾーラチーズ…80〜100g
 ・くるみ…60g
 ・白ワイン…1/4カップ
 ・おろしにんにく…1片分
 ・(あれば)セージ…2〜3枚
 ・生クリーム…1/4カップ
 ・粉チーズ(パルミジャーノ)…大さじ6〜8
 ・塩、こしょう、オリーブ油…各適宜
 ・かぼちゃフェットゥチーネ(でき上がり分から使う)…320g

作り方

  1. かぼちゃフェットゥチーネ(でき上がり約550g分)を作る。かぼちゃは蒸気の上がった蒸し器で蒸すか、耐熱皿に入れてラップをかけ、電子レンジで加熱し、やわらかくする。フードプロセッサー(またはハンディプロセッサー)でかくはんするか、万能こし器でこし、ペースト状にする。
  2. 強力粉を台の上にこんもりとのせて中央をドーナッツ状にくぼませ、中央にかぼちゃ、卵、塩、オリーブ油を入れる。フォークで卵を溶きほぐしながらかぼちゃ、塩、オリーブ油と混ぜ合わせる。
  3. よく混ざったら、粉を内側から少しずつくずしながら混ぜ込んでいく。
  4. もったりとしてきたらフォークから手に替え、残りの粉を混ぜ込む。
  5. 手のひらで押すようにしてこね、耳たぶくらいのかたさになったら丸くまとめる。かたく絞ったぬれぶきんをかぶせ、30分ほど休ませる。
  6. 台の上に強力粉で打ち粉をし(分量外)、生地をのせる。めん棒にも打ち粉をし、全体が均一に約2mm厚さになるようにのばす。横長の向きに置いてもう一度打ち粉をし、上下から四つ折りにし、端から約8mm幅に切る。生地の下に菜箸をスッとくぐらせて持ち上げ、パラパラにほぐす。
  7. ゴルゴンゾーラは粗く刻んで鍋に入れ、火にかけて溶かす。
  8. くるみはフライパンで香ばしくなるまでからいりし、7の鍋に加える。ワイン、にんにく、セージ、生クリーム、粉チーズも加えて火にかけ、混ぜながら溶かす。塩、こしょうで味をととのえる。
  9. 鍋にたっぷりの湯を沸かして塩、オリーブ油各適宜を加え、フェットゥチーネをゆで、ゆでたてを8に入れてからめる。器に盛り、好みで粉チーズ適宜をふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 長嶺輝明

食材の扱い方・ポイント

かぼちゃ
かぼちゃ
表面に溝がなくなめらかな「西洋かぼちゃ」と、縦に深い溝の入った「日本かぼちゃ」が主な品種…

基本の扱い方

種とわたを除いて切る(1)

スプーンで、種とまわりのわたをくりぬいて除きます。

種とわたを除いて切る(2)

かぼちゃは果肉がかたくて切りにくいので、平らな面を下に置いて安定させ、左手でしっかり押さえて、包丁を下に押すようにして切り分けます。

電子レンジで加熱して切りやすく(1)

使う分を切り分けたら、ラップをかけて電子レンジで加熱してもよいでしょう。やわらかくなって切りやすくなります。(加熱の目安は、1/8個・約200g当たりにつき1〜2分)

電子レンジで加熱して切りやすく(2)

薄いくし形などに切りたいときは、特に便利です。

ところどころ皮をむく(1)

かぼちゃは皮ごと食べられますが、皮はかたいので、大きく切る場合や、煮もので味をよくしみこませたいときは、ところどころ皮をむくとよいでしょう。

ところどころ皮をむく(2)

皮がかたくてむきにくい場合は、小さく切ってから、切り口を下に安定よく置いて包丁でそぎ落とすようにむくと安全です。

面取り

かぼちゃは煮くずれしやすいので、煮ものにする場合は、必ず角を面取りしてから、使いましょう。
包丁でうまく切れないときは、皮むき器を使ってもOK。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //