シャキシャキレタスの塩焼きそば

時短でラク
440kcal
2.7g
8min
シャキシャキレタスの塩焼きそば
シャキシャキレタスの塩焼きそば

さっぱり塩味で箸がどんどん進む!

材料(2人分)

むきえび…120g
下味
 ・酒…小さじ1
 ・塩…少々
レタス…1/2個
しめじ…1パック(約100g)
焼きそば用麺…2玉
・片栗粉、サラダ油、酒、塩、こしょう

作り方

  1. えびは片栗粉少々をまぶして軽くもむ。流水で洗い、ペーパータオルで水けを拭き、下味の材料をもみ込む。レタスは食べやすい大きさにちぎる。しめじは小房に分ける。中華麺は耐熱皿に入れてふんわりとラップをかけ、電子レンジで約1分加熱する。

    麺は電子レンジで加熱することで、ほぐれやすくなり、調理時間の短縮になる。
  2. フライパンに油小さじ1を熱し、えびをさっと炒め、色が変わったらいったん取り出す。
  3. フライパンをペーパータオルでさっと拭いて油大さじ1を熱し、しめじを強火で炒める。油がまわったらレタスを加えてさっと炒め、中華麺を加えてほぐしながら炒める。えびを戻し入れて中火にし、酒大さじ1、塩小さじ1/2、こしょう少々で調味して炒め合わせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原務

食材の扱い方・ポイント

レタス
レタス
サラダ野菜としておなじみのレタスは、みずみずしくシャキッとした歯ざわりが身上です。夏場に…

基本の扱い方

葉をきれいにはがすには

包丁を入れて芯(しん)をくり抜き、その穴に流水を注ぐと、きれいにはがせます。ただし、金属に触れて時間がたつと、変色する場合があります。

切り方

氷水にさらす

サラダや生の葉野菜は、パリッとした歯ざわりが命。たっぷりの氷水につけておけば、少し元気のなかった野菜でも、シャキッとした鮮度を取り戻します。最後に水けをよくきること。

手でちぎる

外側から1枚ずつ葉をはずしたら、金け(かねけ)を嫌うので、包丁で切らずに手で大きめにちぎって食べやすい大きさに。

せん切りにするときは

葉を何枚か重ねて端からせん切りにします。

スープ煮や炒めものには

葉を細かく刻んで加熱すると、クタクタになってしまうので、芯の部分がつながったままの状態で大きめのくし形に切るのがおすすめ。外側のかたい葉は、ビタミン豊富。捨てずに加熱調理に使って。

保存

保存するときは

みずみずしさを保つために、軽く湿らせたペーパータオルでおおい、さらに食品保存用のポリ袋などに入れてから冷蔵保存を。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

おすすめ読みもの(PR)