きのこキムチチゲ

273kcal
3.0g
きのこキムチチゲ
きのこキムチチゲ

すっきりとした辛みで食欲が増す

材料(2人分)

まいたけ…1パック
えのきたけ…1袋
白菜キムチ…80g
牛切り落とし肉…100g
もめん豆腐…1/4丁
万能ねぎの小口切り…1本分
豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1/2
とりガラスープの素…小さじ1
・サラダ油、みそ

作り方

  1. まいたけは食べやすい大きさにほぐし、えのきたけは3cm長さに切ってほぐす。豆腐は一口大に切り、キムチはざく切りにする。
  2. 鍋に油大さじ1/2を熱し、牛肉を炒める。肉の色が変わったら豆板醤を加えて全体になじませ、きのこを加えてさっと炒める。

    きのこに豆板醤をからめて辛みを移す。また、きのこはさっと炒めるとこうばしさが出る。
  3. 水3カップ、スープの素を加え、煮立ったらアクを除き、キムチ、豆腐を加える。みそ大さじ1を溶き入れて、万能ねぎを散らす。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

牧野直子
牧野直子
管理栄養士、料理研究家、ダイエットコーディネーター。テレビ出演や著書の執筆、料理教室や企業の商品開発など、幅広く活動。ダイエットやメタボリックシンドローム対策向けのレシピなども人気。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 韓国風
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…

基本の扱い方

小房に分ける

石づきがついていないものが多いので、根元は切らずに、手で縦に裂いて食べやすくします。
炒めものなどにする場合、大きいようなら長さを半分にしても。

えのきたけ
えのきたけ
流通するえのきたけは栽培もので、暗い室内で栽培されるため白く、黄褐色でかさも大きく開いた…

基本の扱い方

根元を落とす

石づきに近い根元の部分は全体がくっついているので、根元から4〜5cmぐらいを一気に切り落とし、用途によっては、長さを半分に切り、適宜ほぐします。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //