カラフル手まりずし

484kcal
4.8g
カラフル手まりずし
カラフル手まりずし

具とすし飯をぎゅっと絞るだけで簡単

材料(作りやすい分量・3人分)

  • 基本のすし飯(2合分)
  •  ・…2合
  •  ・昆布(6×3cm)…1枚
  •  ・すし酢
  •   ・酢…1/4カップ
  •   ・砂糖…大さじ1 1/2
  •   ・塩…大さじ1/2
  • ・酒
  • カラフル手まりずし
  •  ・基本のすし飯…2合分
  •  ・牛薄切り肉(または牛切り落とし肉)…約50g
  •  ・サーモンや鯛などの刺し身2種類…各3切れ
  •  ・野沢菜漬け(葉の部分)…3枚
  •  ・レモンの薄切りを小さく切ったもの…適宜
  •  ・たくあんの薄切り…小9切れ(または大3枚)
  •  ・しば漬けのみじん切り…大さじ1 1/2〜3
  •  ・木の芽…適宜
  •  ・白いりごま…適宜
  •  ・焼き肉のたれ(市販品)…大さじ1/2〜1
  •  ・練りわさび
基本のすし飯(2合分)
 ・米…2合
 ・昆布(6×3cm)…1枚
 ・すし酢
  ・酢…1/4カップ
  ・砂糖…大さじ1 1/2
  ・塩…大さじ1/2
・酒
カラフル手まりずし
 ・基本のすし飯…2合分
 ・牛薄切り肉(または牛切り落とし肉)…約50g
 ・サーモンや鯛などの刺し身2種類…各3切れ
 ・野沢菜漬け(葉の部分)…3枚
 ・レモンの薄切りを小さく切ったもの…適宜
 ・たくあんの薄切り…小9切れ(または大3枚)
 ・しば漬けのみじん切り…大さじ1 1/2〜3
 ・木の芽…適宜
 ・白いりごま…適宜
 ・焼き肉のたれ(市販品)…大さじ1/2〜1
 ・練りわさび

下ごしらえ

  1. すし飯を作る。米は洗ってざるにあけ、30分ほどおく。炊飯器の内釜に入れ、水を内釜の“すし2合”の線まで加え(線がない場合は、白飯炊き2合の水加減より大さじ1ほど少なめに加減して)、昆布、酒大さじ1/2も入れて30分ほどおき、普通に炊く。
  2. ご飯が炊けたら昆布を取り出し、大きめのボウルにあける。すし酢の材料をよく混ぜて回しかける。ご飯に対してしゃもじを立て、ご飯の粒がつぶれないよう切るように混ぜては底からひっくり返す、を5〜6回繰り返す。

    ※ボウルはできるだけ大きめのサイズを使うことで、水分をとばしやすくする。
  3. ご飯にすし酢がいきわたったら、うちわであおいでつやを出す。途中、数回混ぜる。粗熱がとれるまで約15分、ぬれぶきんをかぶせる。

    ※ぬれぶきんをかぶせることで、すし飯が乾燥するのを防ぐ。

作り方

  1. 牛肉は食べやすい大きさに切る。フライパンに油をひかずに熱し、牛肉を焼く。肉の色が変わったら焼き肉のたれを加えて全体にからめ、取り出してさます。
  2. 野沢菜は茎を切り、大きければ約10cm四方に切る。サーモン、鯛は厚みを半分に切る。
  3. 約20cm四方のラップをまな板に敷き、中央にレモン、サーモン2枚、1/18量のすし飯(約大さじ2)を順にのせ、ラップごと包んで絞り、丸く形を整える。同様にサーモンで2個作る。
    ラップの中央に具、すし飯の順にのせる
  4. 同様に、1の牛肉、野沢菜、たくあん、しば漬けも各3個作り、牛肉にはごまをふる。鯛は、木の芽、鯛2枚、わさび適宜(子ども用にはなくても)、すし飯1/18量の順にのせて同様に3個作る。器に1種類ずつ盛り、好みで青じそを敷く。
    ぎゅっと絞って、丸く形を整える

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //