豚玉お好み焼き

豚玉お好み焼き

ベーキングパウダーや長いもで粉がふくらむのをサポート。豚の脂でカリッとこうばしく焼き上げます。

カロリー
656kcal
塩分
3.0g
カテゴリ:
粉もの > たこ焼き・お好み焼き > お好み焼き
ジャンル:
和風
レシピ作成・調理:
佐竹佐知子
撮影:
邑口京一郎

材料(3枚分)

豚バラ薄切り肉…6枚(約120g)

卵…3個

キャベツ…1/3個(約300g)

紅しょうがのみじん切り…少々

生地

 ・小麦粉…200g

 ・ベーキングパウダー…小さじ1/2

 ・長いも…10g

 ・昆布だし汁…280ml

天かす…少々

お好み焼きソース、削りがつお、青のり…各適宜

・サラダ油、マヨネーズ

下ごしらえ

1.

ホットプレートを230℃に予熱する。

2.
キャベツは形や大きさがバラバラのほうが空気を含みやすく、生地がふっくらする。

キャベツは形や大きさがバラバラのほうが空気を含みやすく、生地がふっくらする。

キャベツは粗みじんに切る。

作り方

1.
ベーキングパウダーを入れると、焼き上がりがふっくらします。

ベーキングパウダーを入れると、焼き上がりがふっくらします。

生地を作る。ボウルに小麦粉とベーキングパウダーを入れ、泡立て器で混ぜる。だし汁を加え、空気が入るようにゆっくりと、なめらかになるまで混ぜる。

2.
長いもは生地がふくらむのをサポートする役目なので、少量でOK。この生地を冷蔵庫で6時間以上ねかせるとさらになめらかになります。

長いもは生地がふくらむのをサポートする役目なので、少量でOK。この生地を冷蔵庫で6時間以上ねかせるとさらになめらかになります。

長いもをすりおろして加え、さらに混ぜる。このときも勢いよく混ぜず、ていねいに混ぜる。

3.
キャベツが混ざると生地がとたんに水っぽくなるので、必ず1枚分ずつ取り分けて、混ぜるのは焼く直前に!

キャベツが混ざると生地がとたんに水っぽくなるので、必ず1枚分ずつ取り分けて、混ぜるのは焼く直前に!

小さめの器に生地の1/3量を入れ、上にキャベツ1/3量、卵1個、紅しょうが、天かすをのせ、卵が全体にからむように底から上に混ぜる。

4.
形を整えるときは決して押さえつけないこと。はみ出した生地を寄せて円く整えるだけでOK。

形を整えるときは決して押さえつけないこと。はみ出した生地を寄せて円く整えるだけでOK。

ホットプレートに油を薄くひき、3を流し入れる。スプーンで形を整える。

5.
生地の中の空気を逃さないよう、押さえつけたり、何度も返したりしないようにしましょう。

生地の中の空気を逃さないよう、押さえつけたり、何度も返したりしないようにしましょう。

豚肉2枚をのせる。縁が黄色くなったら2つのへらで上下を返す。脂が出たらへらで寄せ、その脂でしっかり焼き色がつくまで焼く。

6.
ソースはたっぷりぬるほうが美味!

ソースはたっぷりぬるほうが美味!

再び上下を返して裏面を軽く焼き、ソースをぬり、マヨネーズ適宜をかける。削りがつお、青のりをふる。残りも同様に焼く。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X