とりの梅みそ照り焼き

時短でラク
358kcal
2.2g
10min
とりの梅みそ照り焼き
とりの梅みそ照り焼き

肉にたっぷりたれをからめて

材料(2人分)

  • 梅みそ…大さじ3(材料は約180ml分)
  •  ・梅干し…大3個
  •  ・みりん、みそ、しょうゆ
  • とりもも肉…大1枚(約300g)
  • 水菜…1/2わ(約50g)
  • ・サラダ油
梅みそ…大さじ3(材料は約180ml分)
 ・梅干し…大3個
 ・みりん、みそ、しょうゆ
とりもも肉…大1枚(約300g)
水菜…1/2わ(約50g)
・サラダ油

下ごしらえ

  1. 梅干しは種を除いて包丁で粗くたたく。
  2. ボウルに1、みりん70ml、みそ大さじ4、しょうゆ大さじ2を入れてよく混ぜる。

作り方

  1. 水菜は4〜5cm長さに切る。とり肉は厚みのある部分に切り目を入れて開き、縦半分に切る。
  2. フライパンに油小さじ1を弱めの中火で熱し、とり肉を皮目を下にして並べ入れ、こんがり焼き色がつくまで3〜4分焼く。上下を返し、さらに3〜4分焼く。
  3. 梅みそを加えてからめ、とろみがついたら火を止める。取り出して食べやすい大きさに切って皿に盛り、フライパンに残ったたれをかけ、水菜を添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

水菜
水菜
鍋ものをはじめ、煮ものや炒めもの、そのまま生でサラダにと、おいしさと調理の手軽さで大人気…

基本の扱い方

全部まとめてざく切りに

ほとんどの料理は端からざく切りにして、そのまま使います。全部使わない場合も1束分洗って、まとめて切るとあとがラク。水菜はアクが少ないので下ゆで不要です。

みぶ菜も便利

水菜と違い、サラダには向きませんが、漬けもの、炒めもの、煮ものでは水菜と同様に使えます。株の根元にある土をよく洗って。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //