カリカリチキン

524kcal
1.3g
30min
カリカリチキン
カリカリチキン

マスタードバターが味のポイント

材料(5〜6人分)

とりもも肉…3枚
じゃがいも…4個
マスタードバター(粒マスタード大さじ2、バター[室温にもどしておく]大さじ3、パセリのみじん切り大さじ1)
パン粉…1カップ
固形スープの素(チキン味)…1個
生クリーム…80ml
・塩、こしょう、オリーブ油

作り方

  1. とり肉は食べやすい大きさに切り、塩、こしょう各少々、オリーブ油大さじ2で下味をつける。じゃがいもは皮つきのまま縦に6〜8等分に切り分け、塩少々を加えた湯でゆでておく。
  2. マスタードバターの材料を混ぜ合わせる。半量を取り分け、パン粉を加えてさっくり混ぜる。オーブンを190℃に予熱する。
  3. フライパンを強火で温めてオリーブ油大さじ1を熱し、1のとり肉を皮目を下にして入れ、こんがりと焼き色をつける。
  4. 耐熱皿に3のとり肉と1のじゃがいもを並べる。2のパン粉入りマスタードバターをとり肉に塗り、オーブンに入れて約15分、パン粉に焼き色がつくまで焼く。
  5. ソースを作る。固形スープの素を湯1カップで溶かし、とり肉を焼いたフライパンに入れてこそげるようにし、生クリームを入れて半量になるまで煮詰める。残りのマスタードバターとこしょう少々を加えてひと混ぜする。

    とり肉の中まで火が通っているか心配なときは、1切れ取り出して切ってみるとよい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

井澤由美子
井澤由美子
料理家、国際中医師、国際中医薬膳師。旬の食材の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理に定評がある。新聞、雑誌、カタログ、イベント、書籍など数多くを手掛け、NHK「きょうの料理」「あさイチ」「趣味どきっ!」「ライフ」などの料理番組にも出演。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

じゃがいも
じゃがいも
和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現…

基本の扱い方

皮をむく(1)

だんしゃくの場合は、皮むき器、包丁のどちらでも好みの方法で。メイクイーンは、皮むき器でむく方がよいでしょう。

皮をむく(2)

新じゃがいもの皮はやわらかいので、包丁を使わなくても、たわしでこすればむけます。

芽をとる

じゃがいもの芽は毒性の成分を含んでいるので、皮むき器の横についている芽取り、または包丁の根元の角を使って、ていねいに除きます。

切り方

輪切り

横にして、端から料理に応じた厚さに切ります。

半月切り(1)

縦半分に切ります。

半月切り(2)

切り口を下にして、端から5〜6mm厚さに切ります。

棒切り

料理に応じた厚さに輪切りにしたものを重ねて、切り口が正方形になるよう、輪切りの厚さと同じくらいの幅に、縦に切ります。

せん切り(1)

じゃがいもを置いて、端からできるだけ薄い輪切りにしていきます。

せん切り(2)

輪切りにしたものを、2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。サッと洗ってから、ボウルの水につけて5〜10分ほどおいてさらします。

一口大に切る

縦半分に切った面を下にし、さらに2〜4等分に切ります。

くし形切り

縦半分に切り、切った面を下にして、中心に向かって、包丁を斜めに入れ、3〜4等分に切ります。

角切り

1cm程度の厚さの輪切りにしたら、縦に1cm幅に切り、さらに横にして端から1cm幅に切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //