とうがんと桜えびの中華サラダ

時短でラク
77kcal
1.1g
10min
とうがんと桜えびの中華サラダ
とうがんと桜えびの中華サラダ

桜えびの香ばしさが生きた

材料(2人分)

  • とうがん…約1/8個(約300g)
  • 桜えび…5g
  • ドレッシング(ごま油小さじ2、酢、しょうゆ各小さじ1、砂糖小さじ1、塩少々)
  • ・塩
とうがん…約1/8個(約300g)
桜えび…5g
ドレッシング(ごま油小さじ2、酢、しょうゆ各小さじ1、砂糖小さじ1、塩少々)
・塩

作り方

  1. とうがんは皮をむき、7〜8mm厚さのいちょう切りにする。塩少々を加えた熱湯で3分ほどゆで、ざるに上げて水けをきり、さます。

    適当な大きさに切って種とわたを取り、皮から1cmくらい内側にある緑色の斑点の部分に沿って厚めに皮をむく。
  2. フライパンを熱して桜えびを香ばしくなるまでからいりする。ドレッシングの材料は混ぜ合わせる。
  3. 器にとうがんを盛り、桜えびをのせ、ドレッシングをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

食材の扱い方・ポイント

とうがん
とうがん
暑さに強く、アジアの温帯から熱帯にかけて広く栽培されている、東南アジア原産の野菜。日もち…

基本の扱い方

種とわたを除く

とうがんは、わたが残っていると食感が悪いので、縦に何等分かしてから、スプーンなどで削り取るようにして、種とともにやわらかいわたの部分をきれいに取り除きます。

皮をむく

緑色の皮は、加熱調理してもかたくて食べにくいので、包丁で削るように薄くむいて。薄くむくことで、加熱すると透き通る白い身の皮に近い部分が、うっすらときれいなひすい色に仕上がります。皮は皮むき器でむいてもOK。
緑色の部分を残してむくと、かたさが気になる場合もあります。皮をむいたあと、包丁で格子状に細かく切り目を入れたり、かたい皮を全部むいてしまってもよいでしょう。

切り方

いちょう切り

下ごしらえしたとうがんを縦に半分に切り、端から料理に応じた厚さに切っていきます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //