うどのきんぴら

94kcal
うどのきんぴら
うどのきんぴら

ごま油の風味と、とうがらしの辛みをきかせて

材料(2人分)

  • うど…1本(約200g)
  • 赤とうがらし…1本
  • 甘辛だれ(下ごしらえ参照)…大さじ3
  • ・酢、サラダ油、ごま油
うど…1本(約200g)
赤とうがらし…1本
甘辛だれ(下ごしらえ参照)…大さじ3
・酢、サラダ油、ごま油

下ごしらえ

  1. 甘辛だれを作る(材料は作りやすい分量)。
    鍋に、しょうゆ150ml、だし汁130ml、みりん100ml、三温糖(または砂糖)大さじ3を入れて混ぜ、ひと煮立ちさせてさます。

    ●たれ・ソースの冷蔵庫での保存期間は、密閉容器に入れて、約1週間が目安です。

作り方

  1. うどは皮つきのまま、斜めに5mm厚さに切り、酢少々を加えた水に約15分つける。
  2. 赤とうがらしは、ぬるま湯にしばらくつけてやわらかくし、水けをふく。種を取り、小口切りにする。
  3. フライパンにサラダ油、ごま油各小さじ2、赤とうがらしを入れ、香りが出るまで弱火でゆっくり炒める。水けをきったうどを加え、歯ごたえを残すように強火で炒め、甘辛だれを加えて、全体にからめる。うどを取り出してたれを煮詰め、うどを戻してからめる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

うど
うど
日本全国の山野に自生している、日本原産の野菜。朝鮮半島や中国にも分布しています。流通して…

基本の扱い方

皮をむく

扱いやすい4〜6cm長さに切り、切り口を見て、筋目のすぐ内側を切るように、ぐるりと皮をむきます。皮と筋がかたいので、厚めに皮をむくようにして。
むいた皮は、きんぴらにしても。

酢水にさらす

うどはアクがあり、空気に触れると、切り口から酸化して褐色に変色するので、切ったらすぐに、酢少々を加えた水に入れ、10分ほどさらしてアクを抜きます。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //