こんがりチキンステーキ

384kcal
1.9g
25min
こんがりチキンステーキ
こんがりチキンステーキ

皮をパリパリに焼くのがポイント

材料(2人分)

とりもも肉…1枚(約250g)
じゃがいも…小3個
ミニトマト…6個
・塩、こしょう、サラダ油

作り方

  1. とり肉は余分な脂を取り除き、両面に塩小さじ1/2、こしょう少々をふり、塩がなじむまで約5分おく。じゃがいもは皮つきのまま洗って、水けをきらずに1個ずつラップに包み、電子レンジで約3分、途中上下を返しながら加熱する。皮をむき、半分に切る。
  2. フライパンに油小さじ1をひき、とり肉の水けを拭いて、皮目を下にして入れて火にかける。皮目の色が変わってきたらフライ返しで軽く押さえて1〜2分焼く。肉から脂が出てきたらフライパンのあいたところにじゃがいもを入れ、肉にアルミホイルをかぶせて弱めの中火で約8分、肉全体が白っぽくなるまで焼く。じゃがいもは転がしながら焼き、こんがり焼き色がついたら取り出す。
    とり肉から出た脂でじゃがいもを焼くと、うまみがプラスされ、調理時間も短縮できる
  3. アルミホイルを取り、ミニトマトを加えて肉を返し、さらに約3分、トマトの皮がはじけるまで焼く。そのまま粗熱がとれるまでおき、肉を食べやすい大きさに切って器に盛り、じゃがいもとトマトに塩、こしょう各少々をふって添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

脇雅世
脇雅世
料理研究家。フランスに約10年滞在し、ル・コルドン・ブルーのパリ校で学ぶ。帰国後は料理学校の国際部ディレクターに就任、テレビや雑誌などで活躍。フレンチだけでなく、和食や菓子も得意とする。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 榎本修

食材の扱い方・ポイント

じゃがいも
じゃがいも
和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現…

基本の扱い方

皮をむく(1)

だんしゃくの場合は、皮むき器、包丁のどちらでも好みの方法で。メイクイーンは、皮むき器でむく方がよいでしょう。

皮をむく(2)

新じゃがいもの皮はやわらかいので、包丁を使わなくても、たわしでこすればむけます。

芽をとる

じゃがいもの芽は毒性の成分を含んでいるので、皮むき器の横についている芽取り、または包丁の根元の角を使って、ていねいに除きます。

切り方

輪切り

横にして、端から料理に応じた厚さに切ります。

半月切り(1)

縦半分に切ります。

半月切り(2)

切り口を下にして、端から5〜6mm厚さに切ります。

棒切り

料理に応じた厚さに輪切りにしたものを重ねて、切り口が正方形になるよう、輪切りの厚さと同じくらいの幅に、縦に切ります。

せん切り(1)

じゃがいもを置いて、端からできるだけ薄い輪切りにしていきます。

せん切り(2)

輪切りにしたものを、2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。サッと洗ってから、ボウルの水につけて5〜10分ほどおいてさらします。

一口大に切る

縦半分に切った面を下にし、さらに2〜4等分に切ります。

くし形切り

縦半分に切り、切った面を下にして、中心に向かって、包丁を斜めに入れ、3〜4等分に切ります。

角切り

1cm程度の厚さの輪切りにしたら、縦に1cm幅に切り、さらに横にして端から1cm幅に切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //