なすのじっくり焼き

1037kcal
2.6g
なすのじっくり焼き
なすのじっくり焼き

にんにく風味がおいしさの決め手

材料(作りやすい分量)

  • なす…10個
  • にんにく…1片
  • だしじょうゆ…大さじ2(またはしょうゆ…大さじ1)
  • ・オリーブ油
なす…10個
にんにく…1片
だしじょうゆ…大さじ2(またはしょうゆ…大さじ1)
・オリーブ油

作り方

  1. なすは皮をむき、水に約10分さらしてペーパータオルで水けを拭き取る。にんにくは横薄切りにする。
  2. 大きめのフライパンににんにくとなすを並べ、オリーブ油1/2カップを回しかけて火にかける。
  3. 油が温まってきたら弱火にし、油ににんにくの香りを移しながらじっくり焼く。なすに焼き色がついたら転がし、約30分かけて全体にこんがり焼き色がつくまで焼く。にんにくは焼き色がついたら途中で取り出す。

    にんにくの香りを移した油で弱火でじっくり焼き、表面に焼き色がつくまで焼くと、なすの甘みが凝縮する。
  4. だしじょうゆを加えて全体にからめる。

    ●作りたては、なすを器に盛り、取り出したにんにくを添えて食べる。
    ●保存容器に入れ、冷蔵庫で3〜4日保存できる。

※カロリー・塩分は全量ででの表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福尾美雪

食材の扱い方・ポイント

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //