あさりとじゃがいものワイン蒸し

177kcal
1.8g
あさりとじゃがいものワイン蒸し
あさりとじゃがいものワイン蒸し

あさりのうまみをじゃがいもに吸わせて

材料(2人分)

あさり…250g
粉チーズ…大さじ1
じゃがいも…1個
ミニトマト…8個
セロリ…1本
にんにく…1片
白ワイン…大さじ2
・オリーブ油、塩、粗びき黒こしょう

作り方

  1. あさりは砂を吐き出させるために、浅瀬の海岸のような状態を作る。あさりをざっと洗ってからバットに入れて、貝が少し出るくらいまで塩水を注ぐ。塩分は海水程度(水1Lに対して、塩小さじ1が目安)。塩分濃度がうすくても濃くても口を閉じてしまうので注意を。暗く静かな場所に、約2時間置く。あさりは殻ごと調理する場合が多いので、砂抜きしてから殻についた汚れをしっかり落とす。両手のひらの中で貝をこすりながら、流水で汚れを洗い流す。じゃがいもは縦半分に切り、横3mm幅に切る。ミニトマトは縦半分、セロリは葉と茎に分け、茎は斜め薄切りにする。にんにくは包丁の腹などでつぶす。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを熱し、香りが立ったらじゃがいもを炒める。透き通ってきたらセロリの茎を加えてさっと炒める。あさり、ワインを加えてふたをし、強火で約2分蒸し焼きにする。
  3. あさりの口があいたら、ミニトマトを加え、塩、こしょう各少々で調味する。器に盛り、セロリの葉をちぎって散らし、粉チーズ、こしょう少々をふる。

    ●あさりの砂抜き時間は除く。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

Mako(多賀正子)
Mako(多賀正子)
料理研究家、 料理教室「Creative Kitchen」主宰。三男一女の子育ての中で生まれたアイデアを生かし、美味しく栄養たっぷりのメニューをテレビ、雑誌などで提案する。大の肉好き。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

あさり・はまぐり
あさり・はまぐり
日本でいちばんなじみの深い貝、あさり。全国の、比較的塩分の少ない内湾の砂浜や砂泥地に住ん…
じゃがいも
じゃがいも
和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現…
セロリ
セロリ
さわやかな香りとシャキシャキとした歯ごたえが特徴の洋野菜。西洋料理では、煮込みやスープに…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34089品をご紹介!