牛肉ときのこのオイスターソース炒め

時短でラク
458kcal
1.3g
10min
牛肉ときのこのオイスターソース炒め
牛肉ときのこのオイスターソース炒め

ご飯にもお酒にも合う万能おかず

材料(2人分)

牛薄切り肉…180g
まいたけ…1/2パック(約50g)
ブロッコリー…1/2個
しょうがのみじん切り…1/2かけ分
合わせ調味料
 ・酒…大さじ1
 ・オイスターソース…小さじ2
 ・しょうゆ…小さじ1
・サラダ油

作り方

  1. 牛肉は3cm幅に切る。まいたけは小房に分ける。ブロッコリーも小房に分け、大きいものは半分に切る。
  2. フライパンに油大さじ1/2を熱してブロッコリーを炒め、全体に油がまわったら水大さじ2を加えてふたをする。約1分蒸し焼きにして、いったん取り出す。
    ブロッコリー全体に油がまわったら、水を加えてふたをする。ゆでるよりも野菜の甘みを感じられる仕上がりに。
  3. フライパンをペーパータオルでさっとふいて油大さじ1を熱し、牛肉としょうがを炒める。肉の色が変わったらまいたけを加えてブロッコリーを戻し入れ、合わせ調味料を回し入れてさっと炒め合わせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

伊藤朗子
伊藤朗子
料理家、野菜ソムリエ。料理教室「I's kitchen (アイズ キッチン)」主宰。「やさしい味の飽きない料理」をテーマに、雑誌やイベントなどで活躍。著書に「1週間で1500円レシピ」(KADOKAWA)など。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原務

食材の扱い方・ポイント

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…

基本の扱い方

小房に分ける

石づきがついていないものが多いので、根元は切らずに、手で縦に裂いて食べやすくします。
炒めものなどにする場合、大きいようなら長さを半分にしても。

ブロッコリー
ブロッコリー
栄養豊富な緑黄色野菜の王様・ブロッコリー。キャベツの仲間で、古くからイタリアで好まれ、日…

基本の扱い方

小房に分ける(1)

房のつけ根に包丁を入れ、1房ずつ切ってはずします。

小房に分ける(2)

房が大きい場合は、軸に包丁で切り目を入れます。

小房に分ける(3)

切り目から手で裂きます。

茎も使う(1)

太い茎の部分も歯ごたえがよくおいしいので使いましょう。
細い茎、かたい根元を落とします。

茎も使う(2)

外側のかたい皮をむき、用途に応じて切り分けます。

ゆで方

かためにゆでて余熱で火を通す

塩を入れた熱湯で1〜2分、色鮮やかになるまでゆでたら、ざるなどに上げ、余熱で火を通します。

ざるに広げる

青菜などは、色鮮やかにするため、ゆでたあと、冷水にとりますが、ブロッコリーは水にとると水っぽくなるので、平らなざるに広げて自然にさまします。

おすすめ読みもの(PR)