レバにら炒め

223kcal
2.6g
30min
レバにら炒め
レバにら炒め

吉田瑞子さんのレシピ

みそ味で仕上げた好評まちがいなしの炒めもの

材料(2人分)

  • 牛レバー…150g
  • 下味(塩、こしょう、しょうゆ、片栗粉各少々)
  • もやし…1/3袋
  • にら…1/2わ
  • にんにく…1/2片
  • しょうが…1/2かけ
  • 赤とうがらし…1本
  • 合わせ調味料(みそ大さじ2、砂糖、酒各大さじ1、水溶き片栗粉[片栗粉小さじ1/2+水小さじ1])
  • サラダ油…小さじ2
  • ごま油…少々
牛レバー…150g
下味(塩、こしょう、しょうゆ、片栗粉各少々)
もやし…1/3袋
にら…1/2わ
にんにく…1/2片
しょうが…1/2かけ
赤とうがらし…1本
合わせ調味料(みそ大さじ2、砂糖、酒各大さじ1、水溶き片栗粉[片栗粉小さじ1/2+水小さじ1])
サラダ油…小さじ2
ごま油…少々

作り方

  1. 牛レバーは一口大に切って水に充分さらし、流水で洗って血抜きする。ペーパータオルで水けをふき取り、下味の材料をまぶす。
  2. もやしはできればひげ根を取る。にらは3〜4cm長さに切り、にんにく、しょうがは薄切り、とうがらしは水につけてもどし、種を除いて小口切りにする。合わせ調味料を混ぜ合わせておく。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを炒めてレバーを焼きつけ、とうがらし、もやし、にらを加えて炒め合わせ、合わせ調味料を加えて調味する。仕上げにごま油を回しかけて器に盛る。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

吉田瑞子
料理研究家、フードコーディネーター。おもちゃメーカー勤務から料理の世界へ転身。雑誌やテレビなどで活躍する。素材を活かしたバラエティに富んだ料理が得意で、著書に「シリコンスチーマーで作る魔法のレシピ64」(辰巳出版)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

食材の扱い方・ポイント

もやし
もやし
もやしは、主にマメ科の種子を人工的に発芽させたもの。野菜として出回っているもやしは、緑豆…
にら
にら
餃子でおなじみ、独特な強いにおいをもつにら。春から秋にかけて何度も収穫でき、年間を通して…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…
しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…
とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31700品をご紹介!