ソーセージとかぼちゃのクリームシチュー

369kcal
2.2g
ソーセージとかぼちゃのクリームシチュー
ソーセージとかぼちゃのクリームシチュー

とろとろになったかぼちゃがおいしい

材料(2人分)

  • 「洋風野菜ミックス」…250g
  • ウインナソーセージ…4本
  • 牛乳…1カップ
  • 洋風スープの素(顆粒)…小さじ1
  • ・バター、小麦粉、塩、こしょう
「洋風野菜ミックス」…250g
ウインナソーセージ…4本
牛乳…1カップ
洋風スープの素(顆粒)…小さじ1
・バター、小麦粉、塩、こしょう

作り方

  1. バター大さじ1 1/2は室温にもどし、小麦粉大さじ1 1/2と練り混ぜる。ソーセージは斜め半分に切る。
  2. 鍋に水1カップと洋風スープの素を入れて中火にかける。沸騰したら「洋風野菜ミックス」を凍ったまま、ソーセージとともに加える。再び沸騰したら、牛乳を加える。
    沸騰したスープに洋風野菜ミックスを加え、再び沸騰させて牛乳を加えると風味が生きる。
  3. 1の練り混ぜたバターを2に少量ずつ溶き入れ、とろみがつくまで時々混ぜながら煮る。塩、こしょう各少々で調味する。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

牧野直子
牧野直子
管理栄養士、料理研究家、ダイエットコーディネーター。テレビ出演や著書の執筆、料理教室や企業の商品開発など、幅広く活動。ダイエットやメタボリックシンドローム対策向けのレシピなども人気。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

ソーセージ
ソーセージ
肉の保存食品の一つで、生、または塩漬けにした肉を、ひき肉にし、防腐、消臭・芳香効果のある…

各種の特徴

ウインナソーセージ

太さが20mm未満の、羊の腸に牛肉や豚肉を詰めたもの。日本では、主に豚肉を原料にし、牛肉や魚肉を混ぜることもあります。短いタイプは、カクテルウインナと呼ばれます。

フランクフルトソーセージ

太さが20〜36mmの中型ソーセージ。主に豚肉と牛肉を原料とし、豚の腸、または人工ケーシングに詰めたものです。

チョリソ

本来は、スペインの代表的なソーセージの一つで、各地にいろいろなタイプのものがありますが、一般的には、豚赤身肉とバラ肉を、ひき肉ではなく、小さめの角切りにし、塩、パプリカ、にんにくなどを混ぜて作ります。とうがらしを入れた辛いタイプもあります。
これが中南米に伝わり、メキシコではとうがらしが多く使われるようになりました。このメキシコのチョリソが日本に伝わったため、日本ではチョリソは辛いソーセージ、というイメージが定着したようです。
日本でチョリソという名で市販されているもののほとんどは、スペインのチョリソではなく、辛いソーセージです。

サラミソーセージ

長期間保存できるよう、塩漬けにしたあと、加熱せずに、1カ月前後乾燥・熟成させた、ドライソーセージの一種です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //