厚揚げの梅おかかあえ

時短でラク
290kcal
1.5g
15min
厚揚げの梅おかかあえ
厚揚げの梅おかかあえ

グリルで焼き、梅だれと混ぜるだけ

材料(2人分)

ツナ缶…小1缶(約70g)
厚揚げ…1枚
エリンギ…1パック(約100g)
ししとうがらし…8本
梅干し…大1個(約15g)
削りがつお…小1袋(約3g)
・みりん、塩

作り方

  1. 厚揚げはペーパータオルで余分な油を拭く。エリンギは大きいものは長さを半分にし、縦7〜8mm幅に切る。ししとうはへたを少し切り落とし、並べてへたに近い部分に竹串を刺す。
    竹串に並べて刺して焼くと、あいた穴で破裂を防ぐと同時に焼き網からも落ちにくい。
  2. 魚焼きグリルに1を並べ入れ、強めの中火にかける。途中上下を返しながら、厚揚げは6〜8分、エリンギは4〜5分、ししとうは2〜3分焼く。うすく焼き色がついたら取り出し、粗熱をとる。
  3. みりん大さじ1は耐熱ボウルに入れ、ラップをかけずに電子レンジで約10秒加熱する。梅干しは種を除いて粗くたたき、塩少々とともに耐熱ボウルに加えて混ぜる。厚揚げを大きめの一口大にちぎって加え、エリンギ、ししとうも加える。ツナの缶汁をきって削りがつおとともに加え、ざっとあえる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 宗田育子

食材の扱い方・ポイント

エリンギ
エリンギ
エリンギは、本来は日本では自生しないきのこで、流通しているものは、温度・湿度管理のもとに…

基本の扱い方

手で裂く

縦に半分に裂いて、さらに2〜3等分に裂きます。根元に包丁で切り目を入れると裂きやすくなります。

ししとうがらし
ししとうがらし
日本在来の辛みがない甘味種のとうがらし。「ししとう」は通称で、先端部分のへこんだ部分に小…

基本の扱い方

軸を切り落とす

軸はかたくて口当たりがよくないので、数mmを残して切り落とします。形を気にしないなら、へたごと折り取ってしまってもよいでしょう。

細切り

細切りとして使うときは、縦半分に切ります。種を除くと口ざわりがよくなるので、縦半分に切ったら種を除いて調理しても。

斜め半分に切る

ボリューム感を出したいときは、長さを斜め半分に切ります。

穴をあける

揚げるときは、竹串で穴をあけるか、包丁で切り込みを入れておきます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //