青じそ円盤餃子

353kcal
1.3g
青じそ円盤餃子
青じそ円盤餃子

刻んだ青じそをあんに混ぜて爽やかに!

材料(2〜3人分・25個分)

あん
 ・豚ひき肉…200g
 ・青じそのみじん切り…10枚分
 ・長ねぎのみじん切り…1/2本分
 ・おろししょうが…1かけ分
 ・おろしにんにく…1/2片分
 ・酒、しょうゆ…各大さじ1
 ・ごま油…小さじ1
 ・塩…少々
豆苗…1/2袋
餃子の皮…25枚
・ごま油

作り方

  1. ボウルにあんの材料を入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。
    青じそをたっぷり混ぜて爽やかな香りに。あんの味つけをしっかりしているのでたれはなくても大丈夫。
  2. 餃子の皮1枚に、あんを25等分してのせる。皮の縁に水を少しぬり、ひだを寄せながら包む。残りも同様にする。
  3. フライパンにごま油小さじ2を広げ入れ、2を放射状にすき間なく並べる。中火にかけ、こんがりと焼き色がついたらぬるま湯60mlを注ぎ入れる。ふたをして弱めの中火にし、約7分蒸し焼きにする。
    まずは外側から放射状にきっちり並べていき、中央のあいたところにもすき間なく並べる。
  4. ふたをはずして再び中火にし、フライパンを揺すって水分をしっかりとばす。大皿をかぶせて上下を返し、取り出す。
  5. 同じフライパンに豆苗を入れ、中火でさっと炒め、餃子にのせる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ワタナベマキ
ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーから料理の道へ。季節感を大切にした、旬の素材を活かす料理や保存食、乾物料理が人気。「何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい」(KADOKAWA)など、常備菜や弁当、朝食を紹介する著書が多数ある。

お料理メモ

しそを入れていつもとひと味変えて!

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

豆苗
豆苗
豆苗はえんどう豆を発芽させて伸ばしたもので、芽の部分を食べます。中国の高級食材だった豆苗…

基本の扱い方

根元を切り落とす

豆がついている根元を切り落とします。調理に合わせて、適当な長さに切って。

切る位置

再収穫するかどうかで位置は異なります。再収穫するなら根元にある小さい芽を残して切り(A)、再収穫しないなら豆の上ギリギリの位置で切ってOK(B)。

保存のこと

根元を切り落としてラップに包んで冷蔵保存するのがおすすめ。なるべく早く食べ切って。

再収穫のコツ

再収穫のコツ

水は根がかぶるくらいに張り、1日1回(夏場は2回)は替えて。風通しのよい明るい所に置くと、育ちがよくなります。条件がよければ2回楽しめることも。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //