糖質オフカレー

925kcal
2.8g
糖質オフカレー
糖質オフカレー

低糖質の「肉」が主役のボリュームカレー。豆腐とアボカドのカレーソースが牛肉と相性抜群。

材料(2人分)

  • 牛ステーキ用肉…2枚(約400g)
  • 絹ごし豆腐…1/3丁(約100g)
  • アボカド…1/4個(約40g)
  • にんにく…1片
  • しょうが汁…小さじ2
  • トマトペースト(市販品)…大さじ1
  • クレソン…適量
  • 温かいご飯…100g
  • スープ
  •  ・洋風スープの素(顆粒)…小さじ1/3
  •  ・湯…30〜50ml
  • ・バター、カレー粉、とんカツソース、塩、こしょう
牛ステーキ用肉…2枚(約400g)
絹ごし豆腐…1/3丁(約100g)
アボカド…1/4個(約40g)
にんにく…1片
しょうが汁…小さじ2
トマトペースト(市販品)…大さじ1
クレソン…適量
温かいご飯…100g
スープ
 ・洋風スープの素(顆粒)…小さじ1/3
 ・湯…30〜50ml
・バター、カレー粉、とんカツソース、塩、こしょう

下ごしらえ

  1. 豆腐はペーパータオルで包み、バットなどにのせる。皿などでおもしをし、冷蔵室に約30分おいて水きりをする。

作り方

  1. ボウルに豆腐を入れ、泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜる。アボカドは粗く刻んでざるに入れ、スプーンの背で潰しながらこす。にんにくは縦半分に切り、半量をみじん切りにする。
    カレールウの代わりに豆腐とアボカドでコクを出す。豆腐はとにかくなめらかに!
    アボカドはざるに入れてスプーンの背で潰すようにしてこす。
  2. フライパンにバター10g、にんにくのみじん切り、カレー粉小さじ2を入れて中火にかける。バターが溶けて香りが立ったら、豆腐、アボカドを加えて弱火にして混ぜる。全体がなじんだら、しょうが汁、トマトペースト、とんカツソース小さじ2を加えて混ぜる。スープの材料を混ぜ、少しずつ加えて濃度を調整し、塩、こしょう各適量で調味する。
  3. 牛肉に塩、こしょう、カレー粉各適量をふる。別のフライパンにバター10g、半分に切ったにんにくを入れて中火にかける。バターが溶けたら、トングなどで牛肉を2枚重ねてはさんで側面を先に焼き、こんがりと焼き色がついたら表面と裏面を焼く。好みの焼き加減になったら、まな板に取り出してそのまま数分おく。
    先に側面を焼き、旨みを閉じ込める。2枚重ねることで、トングで立てて焼きやすくなる。
  4. 器にご飯を盛り、2のカレーソースをかける。牛肉を食べやすい大きさに切ってのせ、クレソンを添える。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

糖質量:1人分29.2g

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

食材の扱い方・ポイント

アボカド
アボカド
「森のバター」といわれるほど栄養豊富。果物に分類されますが、甘さも酸味もなく、おかずから…

基本の扱い方

切る(1)

アボカドを手に持ち、へたの部分を通るようにぐるりと縦に包丁を入れます。

切る(2)

両手でねじって半分に割り、種に包丁の刃元を刺して取り除き、皮をむきます。

変色を防ぐには

切ったものを放置すると空気にふれて酸化し、黒く変色するので、レモン汁をかけて。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

おすすめ読みもの(PR)