あじの干ものと香味野菜の混ぜずし

540kcal
2.6g
あじの干ものと香味野菜の混ぜずし
あじの干ものと香味野菜の混ぜずし

枝豆も入った夏の簡単ずし

材料(2人分)

あじの干もの…2枚
みょうが…2個
ゆでた枝豆(さやつき)…100g
しょうがのみじん切り…1かけ分
温かいご飯…400g
白いりごま…大さじ1
すし酢
 ・酢…大さじ1 1/2
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・塩…小さじ1/3

作り方

  1. あじの干ものは魚焼きグリルで両面で計6〜7分、こんがりと焼く。粗熱をとり、頭、ひれ、骨を除きながら身を粗くほぐす。みょうがは薄い小口切りにする。「枝豆の白あえ」を作ったときにとりおいたゆでた枝豆は豆をさやから出す。
  2. ボウルに温かいご飯を入れ、すし酢を回しかけ、しゃもじで切るように混ぜる。ほんのり温かいうちに、1、しょうがのみじん切り、白いりごまを加えてさらに切るように混ぜる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 高杉純

食材の扱い方・ポイント

みょうが
みょうが
日本特産の香味野菜で、花穂(花のつぼみ。“みょうがの子”ともいう)や、若い茎(みょうがた…

基本の扱い方

皮をむいて使います

いちばん外側の皮が汚れていたり傷んでいれば、根元からはがすようにしてむきます。
また、1枚ずつはがして使う場合は、根元を少しずつ切り落としてもOK。

せん切りや小口切りにして薬味に

薬味にするときは、せん切りや小口切りにして。
せん切りにするときは、縦半分に切って端から刻みます。中心の芯の部分を切って除くと、つながった部分のないきれいなせん切りに。さらにていねいにするなら、1枚ずつはがして刻んでも。
小口切りにするときは、横にして置き、端から薄く切ります。先端から切っていくと、最後までばらばらにならずに切ることができます。

水にさらしてアクを抜く

アクが強いので、水にさらして使います。長くさらしすぎると香りも抜けてしまうので5分ほどを目安に。

おすすめ読みもの(PR)