いんげんのごまあえ

38kcal
0.2g
いんげんのごまあえ
いんげんのごまあえ

青臭さが抜けてうまみが引き立つ

材料(2~3人分)

  • さやいんげん…15本(約150g)
  • あえごろも
  •  ・黒いりごま…大さじ2
  •  ・砂糖…大さじ1/2
  •  ・しょうゆ…小さじ1/2
さやいんげん…15本(約150g)
あえごろも
 ・黒いりごま…大さじ2
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・しょうゆ…小さじ1/2

作り方

  1. いんげんは冷水に15~20分つけてピンとさせる。
  2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩適宜(湯量の約1%が目安)を加え、いんげんを入れて2~3分ゆでる。
  3. ざるに上げ、粗熱がとれたら長さを4等分に切る。
    さやいんげんは、水っぽくならないように、ゆでたあと水にとらずに、ざるに上げて粗熱をとる。
  4. ボウルあえごろもの材料を入れて混ぜ、3を加えてあえる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

【ここがコツ!】
❖野菜はゆでる前に水にとる
野菜は、収穫してから時間がたつほど水分が抜けるので、まるごと水にひたし、取れたてのみずみずしい状態に戻してからゆでる。水分を充分に含んだ野菜は熱が通りやすいので、短時間で中まで火が通り、歯ざわりよく仕上がる。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 三木麻奈

食材の扱い方・ポイント

いんげん
いんげん
いんげん豆をさやごと若採りし、野菜として食べるさや豆の代表、さやいんげん。ケンタッキー・…

基本の扱い方

筋を取る(1)

へたの部分をつまんで内側に折り、筋があるものであれば、そのまま下のほうへゆっくり引っ張って、筋を取ります。

筋を取る(2)

筋がない場合も、さやの元の部分がかたいので、まとめてへたの部分を少し切り落とします。モロッコいんげんも同様です。

ゆでる(1)

おひたしなど、そのまま食べる場合は、下味をつけるのも兼ねて、湯量の0.5〜1%の塩を加えます。

ゆでる(2)

熱湯で少しかためにゆでます。

ゆでる(3)

すぐにたっぷりの水にとります。そのままさめるまでおき、ざるに上げて水をきります。
●緑色を鮮やかにゆで上げるには、たっぷりの熱湯でゆで、水にとります。ゆで時間は、いんげんの太さにもよりますが、モロッコいんげんで約3分、さやいんげんは、細いものなら1分、太いもので約3分を目安に。

いんげんのごまあえ
で作れるほかのレシピ

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ30345品をご紹介!

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //