たらのムニエル

334kcal
たらのムニエル
たらのムニエル

はじめてのお料理レッスン

藤野嘉子さんのレシピ

あつあつのレモンバターソースを、食べる直前にかけて

材料(2人分)

ほうれん草…1わ
しめじ…1/2パック
バター…大さじ2
たら(切り身)…2切れ
小麦粉…適宜
サラダ油…大さじ1
レモンバターソース(パセリ1枝、バター大さじ2、レモン1/2個)
・塩、こしょう

下ごしらえ

  1. ほうれん草は洗う。パセリはみじん切りにする。

作り方

  1. 《つけ合わせを作る》ほうれん草は5cm長さに切り、しめじは石づきを取って、小房に分ける。フライパンにバター大さじ1を溶かしてほうれん草としめじを炒め、塩とこしょう各少々で調味し、取り出す。
  2. たらは包丁で骨の部分をそぎ取る(骨抜きがあれば、1本ずつていねいに抜く)。ペーパータオルで、水けをしっかりふき(小麦粉をつけたときにだまにならないように、ここで水けをきちんとふいておく)、塩とこしょう各少々を両面にふり、水けが出る前に小麦粉をまんべんなくまぶし、余分な粉は手ではたき落とす。
    粉がきれいにつくように、しっかり水けをふく
  3. 《焼く》フライパンを熱してサラダ油と残りのバターを入れ、バターが溶けたら、たらを盛ったとき表になるほうを下にして入れ、焦げつかないようにフライパンを揺すりながら、強火で焼く。軽く焼き色がついたら、身をくずさないようにフライ返しを添えて裏返す。フライパンを少し傾けて油をスプーンですくい、たらに回しかけながら弱火で5〜6分焼き、ほどよく焼き色がついたら取り出す。
  4. 《レモンバターソースを作る》フライパンに残った油をペーパータオルでふき取り、バターを入れて弱めの中火にかけ、バターが泡立ってパチパチという音が消えたらレモンを絞って加え、パセリを混ぜて火を止める。
  5. 《盛る》皿の奥につけ合わせを山高に盛り、手前にたらを盛る。食べる直前に、あつあつのレモンバターソースをかける。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 川浦堅至

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

ほうれん草
ほうれん草
冬においしい緑黄色野菜の代表です。寒くなるにつれて緑が濃くなって甘みが増し、ビタミンも豊…
しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…
たら
たら
漢字で「鱈」と書く、冬の代表的な魚。一般に「たら」というと「まだら」をさします。生のもの…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32384品をご紹介!