レシピ 「干ししいたけ」の人気レシピ

干ししいたけを使った人気レシピです。みんなが作っている人気レシピの作り方を、人気順にランキング形式でご紹介! プロの料理家による簡単でおいしい干ししいたけのレシピをどうぞ。

絞り込み検索

おかず/お菓子

条件を指定

調理時間

カロリー

ジャンル

苦手な食材(使わない食材)

使う食材

カテゴリ検索

人気レシピ:100

おから炒め

おから炒め

ヘルシーで栄養たっぷり

  • カロリー 140kcal
  • カロリー 時短
  • ※主な食材:おから、干ししいたけ
おうちキンパ

おうちキンパ

韓国風のり巻きをご紹介☆ 牛コマ肉やしいたけなどを組み合わせて簡単に作れちゃいます

  • カロリー 415kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:牛こま切れ肉、卵
ルーロー飯

ルーロー飯

八角や五香粉がきいた、本格味

  • カロリー 696kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:豚バラかたまり肉、干ししいたけ
うの花

うの花

甘さ控えめのしっとり仕上げ

  • カロリー 109kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:おから、油揚げ
定番中華おこわ

定番中華おこわ

干しえびや干ししいたけのうまみが広がる

  • カロリー 364kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:焼き豚、桜えび
だご汁

だご汁

もちもちした歯ごたえがたまらない「だご」に野菜をたっぷり加えた汁ものは栄養満点!

  • カロリー 286kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:とりもも肉、油揚げ
豚バラと白菜の蒸し煮

豚バラと白菜の蒸し煮

はるさめはもどさず切るだけなのもうれしい

  • カロリー 414kcal
  • カロリー 塩分控えめ
  • ※主な食材:豚バラ薄切り肉、白菜
高野豆腐の含め煮

高野豆腐の含め煮

干ししいたけのうまみをたっぷり含ませて

  • カロリー 175kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:高野豆腐、干ししいたけ
筑前煮

筑前煮

かたいごぼうも冷凍するとやわらかに

  • カロリー 282kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:とりもも肉、干ししいたけ
炊き込みおこわ

炊き込みおこわ

アツアツでも冷めてもおいしい

  • カロリー 497kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:米、もち米
太巻きずし

太巻きずし

栄養たっぷり☆ ボリューム満点! 太巻きずしを家族皆でワイワイ楽しみながら作ろう♪

  • カロリー 523kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:干ししいたけ、むきえび
昆布としいたけのつくだ煮

昆布としいたけのつくだ煮

だし殻が料亭の味に変身。昆布は貯まるまで冷凍すると便利

  • カロリー 135kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:干ししいたけ
七福恵方巻き

七福恵方巻き

節分に♪ ボリューム満点の恵方巻は子どもから大人まで楽しめる! 簡単に作れて美味しい!

  • カロリー 614kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:うなぎのかば焼き、卵
とりの薬膳スープ

とりの薬膳スープ

根菜としょうがで体の芯から温まって代謝も活発に

  • カロリー 132kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:とりささ身、ごぼう
煮豚

煮豚

八角が効いた、本格中華の味

  • カロリー 412kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:豚肩ロースかたまり肉、干ししいたけ
華やかいなりずし

華やかいなりずし

油揚げは煮汁を絞り過ぎず、ジューシーに仕上げて

  • カロリー 201kcal
  • カロリー 塩分控えめ
  • ※主な食材:えび、油揚げ
魯肉飯

魯肉飯

台湾風煮込み豚肉かけご飯

  • カロリー 709kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:豚バラ薄切り肉、ゆで卵
台湾風ぶっかけ豚肉ご飯

台湾風ぶっかけ豚肉ご飯

豚肉のうまみがたっぷりの煮汁もかけて

  • カロリー 743kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:豚バラかたまり肉、卵
しいたけのかき玉汁

しいたけのかき玉汁

もどし汁はだし汁として、おいしく活用します

  • カロリー 46kcal
  • カロリー -
  • ※主な食材:干ししいたけ、卵
台湾風ポロポロ角煮

台湾風ポロポロ角煮

豚肉を細かく切って、ゆっくり煮るのが台湾風

  • カロリー -
  • カロリー -
  • ※主な食材:豚バラかたまり肉、干ししいたけ

1/ 5 ページ

1 2 3 4 5 next
(ほししいたけ)

干ししいたけの基本情報

干ししいたけ

干ししいたけの特徴

日本料理、中華料理に欠かせない、代表的な乾燥きのこ。干すと生のときよりも香りが強くなり、味わいも深まります。
主な産地は、大分、宮崎、岩手、静岡など。人工栽培がほとんどの生しいたけとは違って、干ししいたけ用のしいたけの栽培は、自然の山林で行なわれることが多く、収穫期は3~4月と10~11月が主です。
かさの形状などによって、「どんこ(冬菇)」と「香信(こうしん)」の2種に大別されます。「どんこ」は、かさが七分開きぐらいのときに収穫したもので、肉厚で、味、香りともによいのが特徴。なかでも、低温・乾燥の状態で成長したものは、特に肉厚で、表面に白い亀裂があり、高級品とされます。
「香信」は、春・秋の温度も湿度も高い時期に生育したしいたけを乾燥させたもので、かさは薄く、開き気味。どんこより価格が低めの普及品です。
干ししいたけは、水でもどしてから使いますが、もどし汁にもうまみ成分が豊富に出ていますので、上手に利用しましょう。

干ししいたけの選び方ガイド

「どんこ」「香信」ともに、かさが開きすぎず、軸が短く、裏側が黒ずんでいないものを。スライスされたものも市販されていますので、料理によってはこちらを使ってもよいでしょう。
また、干ししいたけは、価格の幅が大きく、形のよいものが高くなります。刻んで使う場合は、形の整っていない安価なものを選ぶなど、用途も考慮しましょう。
保存は、よく乾燥したものは密封して冷蔵庫に。湿り気味であれば、日光に当てて乾燥させ、熱がとれてから、密封して冷蔵庫に。

干ししいたけの旬 干ししいたけの栄養 干ししいたけの扱い方