ひき肉ときのこのレンジ蒸し

時短でラク
244kcal
1.3g
10min
ひき肉ときのこのレンジ蒸し
ひき肉ときのこのレンジ蒸し

肉汁たっぷりジューシー

材料(2人分)

豚ひき肉…180g
しいたけ…1枚
しめじ…50g
しょうがのせん切り…1かけ分
万能ねぎの小口切り…1本分
和風だしの素…小さじ1/2
・片栗粉、サラダ油、塩、しょうゆ、砂糖

作り方

  1. しいたけ、しめじは1cm角に切る。
  2. 耐熱皿に1、ひき肉、だしの素、片栗粉小さじ2、油小さじ1、塩少々、水大さじ6を入れて手でよく混ぜる。全体が均一に混ざったら、約1cm厚さの円形に整える。ふんわりとラップをかけて電子レンジで約5分加熱して器に盛る。
  3. 同じ耐熱皿にしょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、水大さじ1を入れて混ぜ、電子レンジで約20秒加熱して、2にかける。しょうがと万能ねぎを合わせてのせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原ヒデトシ

食材の扱い方・ポイント

しいたけ
しいたけ
きのこ類で最も身近なしいたけ。自然のものは、山の南斜面のナラ、クヌギ、栗などの木に生え、…

基本の扱い方

石づきを取る

食べるのは主にかさと軸の部分。軸の先端の石づきは、かたいので、1cmほど切り落とす。

軸を切り落とす

かさに比べて軸の部分はかたい。軸ごとかさを使う場合以外は、切り落とすことも多い。切った軸は、薄切りにするか手で細く裂いて使って。

切り方

飾り切り

正月や祝いの席の料理で、主に椀ものや煮ものに用いられる。

飾り切り(1)

かさの表面に3本、包丁で切り込みを入れる。切り込みに対して、包丁を斜めにし、両側から、皮に切り目を入れる。
切り込みを十字や井げたの形にしたり、かさそのものを六角形に切って、表面に斜めに格子状の切り込みを入れる方法もある。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

おすすめ読みもの(PR)