かぼちゃと大豆のきんぴら風

時短でラク
166kcal
1.0g
10min
かぼちゃと大豆のきんぴら風
かぼちゃと大豆のきんぴら風

削りがつおの香りがきいた

材料(2人分)

  • かぼちゃ…1/8個(正味約150g)
  • 大豆の水煮…50g
  • 削りがつお…小1袋(約3g)
  • 煮汁
  •  ・みりん…大さじ1
  •  ・しょうゆ…大さじ●
  •  ・水…大さじ3
  • ・サラダ油、酒
かぼちゃ…1/8個(正味約150g)
大豆の水煮…50g
削りがつお…小1袋(約3g)
煮汁
 ・みりん…大さじ1
 ・しょうゆ…大さじ●
 ・水…大さじ3
・サラダ油、酒

作り方

  1. かぼちゃは種とまわりのわたを、くりぬいて除き、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジで約30秒加熱する。皮の汚れをそぎ取り、横半分に切って縦5mm幅に切り、さらに3cm長さに切る。
    スプーンを使うと、手早くきれいに取り除くことができる
  2. フライパンに油大さじ1/2を熱し、かぼちゃ、大豆の順に加えて炒める。全体に油がなじんだら酒大さじ1を加えてさっと炒め、煮汁の材料を加える。
  3. 煮立ったらふたをして、弱火で約3分煮て、削りがつおを加えて混ぜる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

井原裕子
井原裕子
料理研究家、DELISH KITCHEN副編集長、食生活アドバイザー。アメリカ、イギリスにて過ごした後、料理研究家のアシスタントを勤め独立。季節感を大切にした素材選びと、作りやすいレシピが根強い人気。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 榎本修

食材の扱い方・ポイント

かぼちゃ
かぼちゃ
表面に溝がなくなめらかな「西洋かぼちゃ」と、縦に深い溝の入った「日本かぼちゃ」が主な品種…

基本の扱い方

種とわたを除いて切る(1)

スプーンで、種とまわりのわたをくりぬいて除きます。

種とわたを除いて切る(2)

かぼちゃは果肉がかたくて切りにくいので、平らな面を下に置いて安定させ、左手でしっかり押さえて、包丁を下に押すようにして切り分けます。

電子レンジで加熱して切りやすく(1)

使う分を切り分けたら、ラップをかけて電子レンジで加熱してもよいでしょう。やわらかくなって切りやすくなります。(加熱の目安は、1/8個・約200g当たりにつき1〜2分)

電子レンジで加熱して切りやすく(2)

薄いくし形などに切りたいときは、特に便利です。

ところどころ皮をむく(1)

かぼちゃは皮ごと食べられますが、皮はかたいので、大きく切る場合や、煮もので味をよくしみこませたいときは、ところどころ皮をむくとよいでしょう。

ところどころ皮をむく(2)

皮がかたくてむきにくい場合は、小さく切ってから、切り口を下に安定よく置いて包丁でそぎ落とすようにむくと安全です。

面取り

かぼちゃは煮くずれしやすいので、煮ものにする場合は、必ず角を面取りしてから、使いましょう。
包丁でうまく切れないときは、皮むき器を使ってもOK。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //