鮭とミックスビーンズのピラフ風炊き込みご飯

531kcal
2.7g
40min
鮭とミックスビーンズのピラフ風炊き込みご飯
鮭とミックスビーンズのピラフ風炊き込みご飯

バターの香りとミックスビーンズの食感がいい

材料(2〜3人分)

  • 生鮭…2切れ
  • 下味
  •  ・白ワイン…大さじ1
  •  ・塩…小さじ1/3
  •  ・こしょう…少々
  • 玉ねぎ…1/2個
  • クレソン…1束
  • ミックスビーンズ缶…1缶(約120g)
  • …2合
  • 白ワイン…大さじ1
  • 顆粒スープの素…小さじ1
  • ・塩、こしょう、バター
生鮭…2切れ
下味
 ・白ワイン…大さじ1
 ・塩…小さじ1/3
 ・こしょう…少々
玉ねぎ…1/2個
クレソン…1束
ミックスビーンズ缶…1缶(約120g)
米…2合
白ワイン…大さじ1
顆粒スープの素…小さじ1
・塩、こしょう、バター

作り方

  1. 米は洗ってざるに上げ、約30分おく。玉ねぎは粗みじん切りにする。クレソンは葉を摘む。鮭は下味をふる。
  2. 炊飯器の内釜に米を入れ、普通に水加減し、ワイン、スープの素、塩小さじ2/3、こしょう少々を加えて混ぜる。玉ねぎを広げてのせ、鮭の汁けをきって並べ、あいているところにミックスビーンズを入れ、普通に炊く。
    炊飯器に鮭とミックスビーンズを入れるとき、むらなく火が通るように、重ねずに入れる。
  3. 炊き上がったら、鮭の皮と骨があれば除き、身をほぐしながら全体を混ぜ合わせる。バター10gを加えて、溶かしながら混ぜ、クレソンを加えてさっくり混ぜる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 田中宏幸

食材の扱い方・ポイント

鮭
サケ科の魚には「白鮭」「紅鮭」「キングサーモン」などいくつか種類がありますが、一般に鮭と…

基本の扱い方

小骨を除く

身を指先で軽く押すと、身の中に残った小骨が出てくるので、骨抜きまたは指でつまんで抜きます。一口大に切って使うシチューや揚げ漬けなどのときに。

皮を除く

皮が気になるときは、皮を除いてから調理して。まな板に皮を下にして置き、皮の端を包丁で少しはがしてその部分をしっかり持ち、包丁を滑らせるようにしてはがします。

玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //