麦とろご飯

麦とろご飯

滋養たっぷりで体にやさしい、とろろと麦飯

カロリー
1人分 466kcal
塩分
1.9g
カテゴリ:
ごはんもの > どんぶり > 丼もの その他
主な食材:
いも類 > いも > 大和いも
ジャンル:
和食
イベント:
お盆夏休み敬老の日
レシピ作成・調理:
中村成子
撮影:
白根正治

材料(2~3人分)

大和いも…500g

麦飯

 ・…2合(360ml)

 ・押し麦…70ml(45g)

万能ねぎの小口切り、焼きのり…各適宜

だしつゆ

 ・だし汁…2カップ

 ・酒、しょうゆ…各大さじ2

 ・みりん…大さじ1

酢、塩

下ごしらえ

1.
麦はとぐ必要はないが、さっと洗っておくと風味よく炊き上がる。

麦はとぐ必要はないが、さっと洗っておくと風味よく炊き上がる。

大和いもは酢水につけることで、アクが抜け、変色するのを防げる。

大和いもは酢水につけることで、アクが抜け、変色するのを防げる。

米は洗ってざるにあけ、30分以上おく。炊飯器に入れ、目盛りまで水を加える。押し麦は水でさっと洗ってざるにあけ、炊飯器に加え、水1/2カップを足して軽く混ぜ、普通に炊く。大和いもは下半分の皮をむき、酢水(水2カップに対して酢大さじ1)に5分ほどつけ、ペーパータオルで水けをふき取る。

作り方

1.
塩がとろろの味を引き締める

塩がとろろの味を引き締める

すり鉢の底に塩小さじ1/3を置き、大和いもをすりおろす。皮をむいたところまでおろしたら、さらに2回くらいに分けて皮をむいてはおろしていく。塩は、とろろの味を引き締める役割をする。すりおろしてから塩を加えると混ざりにくいので、鉢の底に塩を入れ、大和いもと一緒にすり混ぜる。

2.
すりこ木で混ぜてなめらかな口当たりに

すりこ木で混ぜてなめらかな口当たりに

すりおろしたとろろを、すりこ木でなめらかになるまで混ぜる。すりこ木で混ぜることでとろろのきめが細かくなり、また空気が入ってふわっとし、口当たりがよくなる。

3.
だしつゆは、酒、みりん、しょうゆを煮立てたところにだし汁を加えて作る。これをとろろに加えてのばすと、しっかり味がつく。

だしつゆは、酒、みりん、しょうゆを煮立てたところにだし汁を加えて作る。これをとろろに加えてのばすと、しっかり味がつく。

だしつゆでのばして味を決める

だしつゆでのばして味を決める

だしつゆを作る。小鍋に、酒、みりん、しょうゆを入れて火にかけ、煮立ったらだし汁を加えて火を止め、粗熱をとる。2のとろろに、玉じゃくし1杯分ずつ加えてはすりこ木で混ぜ、好みの味になるまでのばす(加えるだしつゆの量は1 1/2~2カップが目安)。薬味の焼きのりは一口大にちぎってペーパータオルで包み、軽くもんで細かくし、万能ねぎとともに添える。麦飯にかけて。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X

既にマイページに登録されています

レシピに戻る マイページへ
X