マッシュさつまいも

924kcal
7.9g
マッシュさつまいも
マッシュさつまいも

粉吹きにしてしっかり水分をとばすことで、日もちするように

材料(作りやすい分量・約4 1/2カップ分)

さつまいも…2本(約700g)

作り方

  1. さつまいもは1cm厚さの輪切りにし、水に約1分さらして、水をきる。
    さつまいもはゆでる前に水にさらして、表面のでんぷんを落としておく。
  2. 鍋に1、塩小さじ1 1/3を入れ、かぶるくらいの水を注いで火にかける。ひと煮立ちしたらふたをして弱火にし、8〜10分ゆでて火を止める。ふたをずらして鍋の湯を捨てる。
  3. 再び鍋にぴったりふたをして弱火にかけ、鍋を揺すりながら水分をとばす。水分がほとんどなくなったらふたを取り、木べらでさつまいもを粗く潰しながら、表面が白っぽく粉を吹いたようになるまでいる。
    粉吹き状態になるまでしっかりいって、水分をとばす。これによって日持ちするように。

※カロリー・塩分は全量ででの表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ワタナベマキ
ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーから料理の道へ。季節感を大切にした、旬の素材を活かす料理や保存食、乾物料理が人気。「何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい」(KADOKAWA)など、常備菜や弁当、朝食を紹介する著書が多数ある。

お料理メモ

保存容器に移し、冷蔵庫で約1週間保存可能。

【ほかにもこんな料理に】
・マヨネーズであえて甘いポテトサラダに
・クリームチーズと合わせてディップに
・スープのとろみづけに
・パイシートに包みスイートポテトパイに

食材の扱い方・ポイント

さつまいも
さつまいも
秋の味覚の一つ、さつまいも。ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。原産は中南米とい…

基本の扱い方

洗う

土など汚れがついている場合は、指でこすって水洗いを。最近はきれいに洗って売られているものが多いので、たわしでゴシゴシ洗う必要はありません。また、力強くこすりすぎると赤い薄い皮が破れ、皮つきのまま調理する際、仕上りが美しくないので注意して。

水につける

調理に合わせて切ったそばから水につけるのが、色よく仕上げるコツです。切り口が空気に触れて時間がたつと、でんぷんが黒く変色しますが、水につけることで、でんぷんが水に流れ出て、変色を防ぐことができます。さっと混ぜて水をきります。

皮をむく

いつものおかずでは皮をむく必要はありませんが、正月のきんとんや、スイートポテトなどの菓子を作る場合は、皮を厚めに(約3mm)むきます。皮の近くは繊維が多いので、厚くむくことで、裏ごしなどをする場合もなめらかに、色よく仕上がります。

切り方

輪切り

横にして置き、端から料理に応じた厚さに切ります。

拍子木切り

料理に応じた厚さの輪切りにしたものを重ねて、5〜6mm幅に縦に切ります。

角切り

料理に応じた厚さの輪切りにして、拍子木切りにしたら、横にして端から1cm幅に切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //