精進揚げ

566kcal
2.3g
精進揚げ
精進揚げ

初めてでもできた!くいしんぼうのおかず教室

中村成子さんのレシピ

野菜が主役のごちそう。素材のおいしさを生かす揚げ方を覚えて

材料(2~3人分)

さつまいも…小1本
かぼちゃ…小1/8個
なす…1~2個
にんじん…5cm
ごぼう…10cm
青じそ…4~6枚
ころも
 ・小麦粉…1カップ
 ・塩…小さじ1/4
 ・冷水…3/4カップ
揚げ油

下ごしらえ

  1. さつまいもは皮つきのまま7~8mm厚さに切る。水に約10分さらし、ペーパ ータオルで水けをふく。かぼちゃは5mm厚さに切る。なすは四つ割りにし、へたから1.5cmくらいを残して5mm間隔に縦に切り目を入れる。にんじん、ごぼうは5cm長さの細切りにする。
    さつまいもとかぼちゃは火が通りやすいように薄めに切る。なすは、写真のように切ると、火が通りやすい。

作り方

  1. 氷水に当てたボウルに、ころもの材料を入れる。泡立て器の先をボウルの底につけながら十字に動かして、軽く混ぜる。ころもは冷やしながら作ることで粘りが出ず、揚げるとサクッと仕上がる。混ぜすぎると粘りが出るので、縁に粉が残っているくらいで混ぜるのを止めて。
    ころもは冷やしながら軽く混ぜるのがコツ
  2. 揚げ油を高めの中温(約175℃)に熱する。さつまいもをころもにくぐらせ、ボウルの側面に当てて余分なころもをきり、油に入れる。弱火にしてじっくり揚げ、完全に浮き上がってカラリとしたら取り出して油をきる。かぼちゃも同様に揚げる。なすは扇形に少し広げてころもにくぐらせ、皮目から揚げる。しそはころもにくぐらせ、菜箸で余分なころもを落として揚げる。一度に揚げるたねの量は、油の表面積の半分くらいが目安。揚げてみて、ころもがゆるすぎるときは、縁に残った粉を少量溶く。
    ころもは薄くつけてじっくり揚げる
    しそは、軸を持って全体にころもをつけたあと、菜箸ではさんで表面の余分なころもを軽く落とすと、簡単に薄くつけられる。
  3. ボウルの縁に残った粉を落としてころもの濃度をつけ、にんじんとごぼうを入れてからめる。菜箸で食べやすい大きさにまとめて油に落とし、カラリと揚げる。器に盛り、好みで塩や天つゆ、大根おろしを添える。
    最後はかためのころもでかき揚げに

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 白根正治

食材の扱い方・ポイント

さつまいも
さつまいも
秋の味覚の一つ、さつまいも。ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。原産は中南米とい…
かぼちゃ
かぼちゃ
表面に溝がなくなめらかな「西洋かぼちゃ」と、縦に深い溝の入った「日本かぼちゃ」が主な品種…
なす
なす
原産はインドといわれ、日本へは8世紀ごろに伝わり、奈良時代から栽培されてきました。地方に…
にんじん
にんじん
赤い色が食欲をそそる、緑黄色野菜の代表。生で、煮る、炒める、揚げるなど、さまざまな調理法…
ごぼう
ごぼう
独特の香りと歯ごたえで、日本の食卓ではおなじみの食材ですが、実は世界でごぼうを日常的に食…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31486品をご紹介!