鮭のちゃんちゃん焼き

266kcal
2.0g
鮭のちゃんちゃん焼き
鮭のちゃんちゃん焼き

発酵食品でボリュームごはん

みそとトマトでうまみ倍増! 野菜ももりもり食べられる

材料(2人分)

  • 生鮭…2切れ
  • しめじ…1パック(約100g)
  • もやし…1袋(約200g)
  • ミニトマト…6個
  • 「液みそ」…大さじ2
  • おろしにんにく…1片分
  • 塩、こしょう、サラダ油、バター、粗びき黒こしょう
生鮭…2切れ
しめじ…1パック(約100g)
もやし…1袋(約200g)
ミニトマト…6個
「液みそ」…大さじ2
おろしにんにく…1片分
塩、こしょう、サラダ油、バター、粗びき黒こしょう

作り方

  1. しめじはほぐす。鮭は塩、こしょう各少々をふる。
  2. フライパンに油小さじ2を中火で熱し、鮭を入れて約3分焼く。上下を返して約3分焼き、両面焼き色がついたら、しめじ、もやし、ミニトマトを入れ、「液みそ」を回し入れる。鮭の上に、おろしにんにく、バター10gをのせ、ふたをして約2分蒸し焼きする。
  3. 野菜がしんなりしたら器に盛り、粗びき黒こしょう適量をふる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

お料理メモ

みそは、原料である大豆の豊富な栄養に麹の働きが加わった日本が誇るスーパーフード。腸内環境を整えて免疫力を上げるほか、大豆イソフラボンによる美肌効果などにも注目。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 豊田朋子

食材の扱い方・ポイント

鮭
サケ科の魚には「白鮭」「紅鮭」「キングサーモン」などいくつか種類がありますが、一般に鮭と…

基本の扱い方

小骨を除く

身を指先で軽く押すと、身の中に残った小骨が出てくるので、骨抜きまたは指でつまんで抜きます。一口大に切って使うシチューや揚げ漬けなどのときに。

皮を除く

皮が気になるときは、皮を除いてから調理して。まな板に皮を下にして置き、皮の端を包丁で少しはがしてその部分をしっかり持ち、包丁を滑らせるようにしてはがします。

しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

もやし
もやし
もやしは、主にマメ科の種子を人工的に発芽させたもの。野菜として出回っているもやしは、緑豆…

基本の扱い方

根と子葉を取る

根と子葉の部分がついている場合は、この部分をポキッと折るようにして取ります。特に、炒める場合は、根と子葉を取り除いておくと、歯ごたえよく、見た目もきれいに仕上がります。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31394品をご紹介!