とりむねの八幡巻き

188kcal
1.5g
とりむねの八幡巻き
とりむねの八幡巻き

冬太りから救う!とりむねでごちそう肉おかず

上島亜紀さんのレシピ

油なしのレンジ調理でできちゃう、テリテリ仕上げに感激!

材料(2人分)

とりむね肉(皮なし)…大1枚(約250g)
赤パプリカ…小1/2個(約50g)
さやいんげん…3本
合わせ調味料
 ・おろしにんにく…小さじ1/2
 ・砂糖、しょうゆ…各大さじ1
 ・片栗粉…大さじ1/2

作り方

  1. パプリカは縦7mm幅に切る。とり肉は縦長に置き、中央に縦に1本厚みの半分まで切り目を入れ、左右に水平に包丁を入れて開く(観音開き)。包丁で全体を軽くたたき、約30×40cmのラップをかけて、両面をめん棒でたたいて2.5倍の大きさ(幅約24cmが目安)にのばし、水けをしっかり拭く。
  2. ラップを1と同じ大きさに切って新しく敷く。とり肉をなめらかな面を下にしてのせ、合わせ調味料の2/3量を全体にぬり広げる。手前にパプリカといんげんを横長に置き、残りの合わせ調味料を野菜にかける。手前のラップを持ち上げ、肉を野菜にかぶせて包むようにしながらきつく巻き、全体を棒状に整える。ラップの両端を縛り、両方合わせてねじる。
  3. 耐熱皿にのせ、電子レンジで約5分加熱し、そのままおいて粗熱をとる。ラップをはずして1.5cm幅に切り、器に盛って、ラップに残ったたれをかける。好みでサラダ菜を添える。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

上島亜紀
上島亜紀
料理研究家。食育アドバイザーやジュニア・アスリートフードマイスターの資格を持つ。神奈川県の自宅にて料理教室「Cooking Studio A's Table」を主宰。簡単につくれる家庭料理のレシピが人気。

お料理メモ

<太らないPOINT>
たたいて広げたとりむねで野菜を巻き、ボリュームアップ。油なしでも食べごたえ満点!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

【とりむね肉が冬太りを防ぐ3つの理由】
●低カロリーだから、しっかり食べても大丈夫!
肉の中でも、脂質が少なめのとりむね肉。食べごたえがありながらカロリーは低めなので、上手に活用すれば、食事を我慢する必要がありません。
※皮を取り除けば、さらにカロリーダウン! 
 皮つき:145kcal(100g)→皮なし:116kcal(100g)

●高たんぱくで代謝UPに効果アリ
体の脂肪を燃焼させてエネルギーを消費する「基礎代謝」を上げるためには、たんぱく質が必要不可欠。とりむね肉には、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。

●安くてくせがないから、ムリなく続く!
とりむね肉は、お手ごろなうえに、どんな味つけや調理方法とも相性がいいのもうれしいポイント。レパートリーを広げやすいので、飽きずに楽しむことができます。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

いんげん
いんげん
いんげん豆をさやごと若採りし、野菜として食べるさや豆の代表、さやいんげん。ケンタッキー・…
とり肉
とり肉
くせがない白身の肉で、価格も安くて使いやすいとり肉。一般には、むね肉(骨なし、骨つき)、…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32754品をご紹介!