いんげんと厚揚げの田舎煮

時短でラク
211kcal
1.6g
15min
いんげんと厚揚げの田舎煮
いんげんと厚揚げの田舎煮

じっくり味がしみた、くたくた煮。材料2つですぐできます

材料(2人分)

  • いんげん…150g
  • 厚揚げ…1枚
  • 煮汁(だし汁3/4カップ、しょうゆ、酒、砂糖各大さじ1)
  • ごま油…大さじ1
  • 塩…少々
  • 七味とうがらし…少々
いんげん…150g
厚揚げ…1枚
煮汁(だし汁3/4カップ、しょうゆ、酒、砂糖各大さじ1)
ごま油…大さじ1
塩…少々
七味とうがらし…少々

作り方

  1. いんげんは手でポキポキ折ってへたを取り、筋があればいっしょに取り、長さ4〜5cmになるようにする。
  2. 厚揚げはペーパータオルに包んで電子レンジ強で1分加熱し、油抜きをする。厚さを半分に切り、1cm幅の短冊に切る。
  3. 鍋にごま油を熱し、いんげんを入れる。色鮮やかに仕上げるため、塩をふって炒める。いんげんが少ししんなりとしたら、厚揚げを加えて全体にひと混ぜする。

    豆類や青菜などの緑の野菜を入れるときは、最初に塩をふって炒めてから煮ること。青々としたきれいな色に仕上がる。
  4. 煮汁を加え、煮立ったら弱めの中火にし、落としぶたをして5〜10分煮る。器に盛り、七味とうがらしを全体にふる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 木村拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

いんげん
いんげん
いんげん豆をさやごと若採りし、野菜として食べるさや豆の代表、さやいんげん。ケンタッキー・…

基本の扱い方

筋を取る(1)

へたの部分をつまんで内側に折り、筋があるものであれば、そのまま下のほうへゆっくり引っ張って、筋を取ります。

筋を取る(2)

筋がない場合も、さやの元の部分がかたいので、まとめてへたの部分を少し切り落とします。モロッコいんげんも同様です。

ゆでる(1)

おひたしなど、そのまま食べる場合は、下味をつけるのも兼ねて、湯量の0.5〜1%の塩を加えます。

ゆでる(2)

熱湯で少しかためにゆでます。

ゆでる(3)

すぐにたっぷりの水にとります。そのままさめるまでおき、ざるに上げて水をきります。
●緑色を鮮やかにゆで上げるには、たっぷりの熱湯でゆで、水にとります。ゆで時間は、いんげんの太さにもよりますが、モロッコいんげんで約3分、さやいんげんは、細いものなら1分、太いもので約3分を目安に。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //