なすと煮干しのしょうゆ煮

389kcal
5.7g
なすと煮干しのしょうゆ煮
なすと煮干しのしょうゆ煮

コクのある煮干しだしが決め手

材料(作りやすい分量)

なす…6個
にぼし(頭と腹わたを除いたもの)…10g
赤とうがらし…2本
・しょうゆ、サラダ油

作り方

  1. ボウルに煮干し、しょうゆ大さじ2、水1/2カップを入れて約1時間おく。とうがらしは種を除く。なすは四つ割りにする。
  2. 鍋に油大さじ2を熱し、なすを皮目から入れる。皮目に油をなじませるように焼き、色が鮮やかになったら全体に油をからめながらしんなりするまで炒める。
  3. 1のとうがらし、煮干しをつけ汁ごと加え、なすの上下を返しながら煮汁がほとんどなくなるまで煮る。火を止め、粗熱がとれるまでおく。

    なすを油でさっと炒めてから、煮干しをつけ汁ごと加えることで、うまみが増し、こうばしく仕上がる。
    ●そのまま食べてもよいし、おろししょうが少々を添えても。煮干しもおいしいので好みで食べて。
    ●保存容器に入れ、冷蔵庫で4〜5日保存できる。

※カロリー・塩分は全量ででの表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福尾美雪

食材の扱い方・ポイント

なす
なす
原産はインドといわれ、日本へは8世紀ごろに伝わり、奈良時代から栽培されてきました。地方に…

基本の扱い方

流水でよく洗う

なすは、へたなどに汚れが残りやすいので、流水でよく洗い流します。

へたを切る

がくの分かれ目を目安に包丁を入れて、へたを切り落とします。

がくを取る

へたを切り落としてもまだがくがついている場合は、手で取り除きます。

皮をむく

皮をむく場合は、皮むき器を使って、へたを切り落としたところから、むくとよいでしょう。

切り方

縦薄切り

料理に応じた厚さに縦に切ります。安定が悪いのでしっかり押さえて切ること。

輪切り

料理に応じた厚さに端から切ります。

飾り包丁

皮に斜めに細かく切り込みを入れます。揚げびたしのときなど、火が通りやすく、味もしみ込みやすくなります。

小なすの茶せん(1)

がくを取ったら、刃元を刺して、包丁を倒すようにしながら、縦に2〜3mm間隔で切り込みを入れます。この時、切れ目がつながらないように注意。

小なすの茶せん(2)

まるのまま調理し、ひねって盛ります。
小なすを揚げ煮などにした場合、へたを持ち立てて、上から軽く押しながら、まわしひねって盛り付けると、見映えが美しくなります。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //