豚ときのこの塩だれ餃子

249kcal
0.6g
豚ときのこの塩だれ餃子
豚ときのこの塩だれ餃子

あんの味つけが簡単!しかもジューシーに仕上がる

材料(2人分)

あん
 ・豚ひき肉(赤身の多いもの)…90g
 ・えのきたけ…1袋弱(約80g)
 ・うま塩ねぎだれ…大さじ2(材料は約2カップ分)
  ・長ねぎの粗みじん切り…3本分(約200g)
  ・とりガラスープの素…大さじ1
  ・塩…小さじ2
  ・こしょう…小さじ2/3
  ・ごま油、水…各1/2カップ
餃子の皮…12枚
・片栗粉、サラダ油

下ごしらえ

  1. うま塩ねぎだれ。鍋にすべての材料を入れて混ぜる。強めの中火にかけ、1分〜1分30秒たって縁がフツフツと煮立ったら混ぜる。火を止めてさます。使うときにはよく混ぜる。

作り方

  1. あんを作る。えのきたけは7〜8mm幅に刻み、ボウルに入れる。残りの材料を加えて練り混ぜる。
    混ぜるだけ
  2. バットに片栗粉を薄くひく。餃子の皮1枚につき、1のあん1/12量(約大さじ1)をのせ、縁に水をつけて包む。包んだものから、バットに並べていく。
  3. フライパンに油大さじ1/2を熱し、2を並べ入れる。1分30秒〜2分焼いて、軽く焼き目がついたら水70mlを注ぎ入れ、ふたをして約4分蒸し焼きにする。
  4. 水分がほとんどなくなったらふたを取り、1分30秒〜2分、こんがりと焼き上げる。
  5. 器に盛り、好みでうま塩ねぎだれに酢やラー油を加えたたれをつけて食べる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

市瀬悦子
市瀬悦子
フードコーディネーター、料理研究家。食品メーカーの営業から料理の世界へ転身。「おいしくて作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍や雑誌、テレビ、メーカー、イベントなどでメニュー開発を手がけている。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 中華
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 澤木央子

食材の扱い方・ポイント

えのきたけ
えのきたけ
流通するえのきたけは栽培もので、暗い室内で栽培されるため白く、黄褐色でかさも大きく開いた…

基本の扱い方

根元を落とす

石づきに近い根元の部分は全体がくっついているので、根元から4〜5cmぐらいを一気に切り落とし、用途によっては、長さを半分に切り、適宜ほぐします。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //