白モツのガーリックスタミナ炒め丼

634kcal
白モツのガーリックスタミナ炒め丼
白モツのガーリックスタミナ炒め丼

白モツがどんぶりになるなんて新鮮!

材料(2人分)

豚白モツ(下ゆでされているもの)…150g
卵黄…2個分
にんにく…2片
玉ねぎ…1/2個
貝割れ葉…1パック
赤とうがらしの小口切り…1本分
温かいご飯…どんぶり2杯分
白いりごま…小さじ1
合わせ調味料
 ・しょうゆ、酒…各大さじ2
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・おろしにんにく…小さじ1/2
・サラダ油

下ごしらえ

  1. 豚白モツは沸騰した湯で約20分下ゆでをする。アクが出たら取る。
  2. ゆでこぼして、水でもみ洗いをする。余分な脂肪やアクを取り除くつもりで、しっかり!

作り方

  1. にんにくは薄切りにして流水で表面のぬめりを洗い流して水けを拭く。玉ねぎは横1cm幅に切る。貝割れ葉は冷水にさっとさらし、水けをきる。
  2. フライパンに油大さじ1/2と1のにんにくを入れ、弱火にかける。きつね色になったら取り出す。
  3. 続けてフライパンにとうがらしを入れ、香りが立ったら白モツを加える。約2分炒めたら玉ねぎを加えて炒め、全体に油がなじんだら合わせ調味料を加えて煮からめる
    にんにく&とうがらしを炒めた油を使うことで風味が溶け合う。焦げ目がつくまで焼いてジューシーに。
  4. どんぶりにご飯を盛って貝割れ葉と3をのせ、ごまをふる。中央に卵黄をのせ、2を散らす。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 原務

食材の扱い方・ポイント

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //