ひじきの煮もの

39kcal
0.6g
ひじきの煮もの
ひじきの煮もの

大豆をプラスして栄養価も◎

材料(作りやすい分量・小カップ9個分)

  • 大豆の水煮缶…1缶(正味約140g)
  • ひじき(乾燥)…20g
  • とろろ昆布…適量
  • 煮汁
  •  ・だし汁…3/4カップ
  •  ・しょうゆ…大さじ1 1/2
  •  ・砂糖…大さじ1 1/3
  •  ・酒…大さじ1
  • ・ごま油
大豆の水煮缶…1缶(正味約140g)
ひじき(乾燥)…20g
とろろ昆布…適量
煮汁
 ・だし汁…3/4カップ
 ・しょうゆ…大さじ1 1/2
 ・砂糖…大さじ1 1/3
 ・酒…大さじ1
・ごま油

作り方

  1. 大豆は缶汁をきる。ひじきはたっぷりの水に約20分つけてもどす。ざるにあけてさっと洗い、水けをきる。
  2. フライパンにごま油大さじ1/2を強めの中火で熱し、1、大豆を炒め合わせる。煮汁を加え、時々混ぜながら、汁けがなくなるまで煮る。
  3. バットに移し、さめたらカップにとろろ昆布を敷いて入れる。

    ●冷凍で約1カ月間保存可能。
    カップにとろろ昆布を敷いてから入れる。汁けを昆布が吸うので、解凍したときに汁けが出にくい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

小林まさみ
小林まさみ
料理研究家。結婚後、料理研究家を目指して働きながら調理師学校で学ぶ。在学中から料理研究家のアシスタントなどを務め独立し、その後は雑誌、単行本、テレビ、企業のレシピ開発、イベントなどで活動。

お料理メモ

おかずの量や気温により異なりますが、冷凍おかずは弁当箱に詰めてから2〜3時間後が食べ頃の目安です。食べるまで、なるべく涼しい場所で保管してください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 安井真喜子

食材の扱い方・ポイント

ひじき
ひじき
古くから食用とされてきた海藻の一つ、ひじき。春に収穫し、水煮して渋みを取ってから乾燥させ…

基本の扱い方

もどす(1)

たっぷりの水につけてもどします。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。目安は20分ほどで、かさは2〜3倍、重さは5〜6倍になります。

もどす(2)

ざるに上げて水けをきります。芽ひじきはそのまま、長いものは切って調理します。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //