パプリカの肉詰め冷やし鉢

177kcal
2.1g
パプリカの肉詰め冷やし鉢
パプリカの肉詰め冷やし鉢

パプリカにやさしい味わいのたねを詰め、おだしで煮た一品

材料(4人分)

赤パプリカ…2個
とりひき肉…200g
もめん豆腐…150g
下味
 ・片栗粉、しょうゆ、みりん…各大さじ1
 ・塩…少々
しょうがのせん切り…30g
万能ねぎの小口切り…5本分
煮汁
 ・だし汁…1 1/2カップ
 ・うす口しょうゆ(またはしょうゆ)、みりん…各大さじ1 1/2

作り方

  1. 豆腐はペーパータオルに包んで約30分おき、水きりする。しょうがは水にさっとさらし、水けをきる。
  2. ボウルにひき肉と、豆腐をくずして入れ、下味を加えてよく練り混ぜ、4等分する。
    ひき肉に豆腐を加え、さっぱりとした味わいのたねにする
  3. パプリカは縦半分に切り、へたと種を取る。
    パプリカを美しく2つに割るには、まず、筋のところに包丁を入れ、半分に切る。
    そしてへたを持って手前にやさしく倒すように引っ張れば、種もへたもきれいに取れる。
  4. パプリカ1切れに2を1/4量詰める。残りも同様にする。
    たねは空気が入らないようパプリカにぴっちり詰めて、はがれにくく
  5. フライパンに煮汁の材料を入れ、4をたねを上にして並べ入れる。ふたをして中火にかけ、煮立ったら弱火で約15分煮る。火を止め、そのまま粗熱がとれるまでおく。
    だしで蒸し煮にし、そのあと冷やして味を含ませる
  6. 容器に汁ごと移し、冷蔵室でしっかり冷やす。縦半分に切って器に汁とともに盛り、万能ねぎとしょうがをのせる。

※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 日置武晴

食材の扱い方・ポイント

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //