高野豆腐の煮もの

335kcal
1.5g
25min
高野豆腐の煮もの
高野豆腐の煮もの

高野豆腐を片栗粉で包めば、味もよくからみます

材料(2人分)

とりもも肉…小1枚
高野豆腐…2個
グリーンピース…(正味)大さじ2
だし汁…250ml
・塩、片栗粉、ごま油、砂糖、酒、しょうゆ

作り方

  1. 高野豆腐はもどして水を絞り、4つに切る。とり肉は約3cm角に切り、塩少々をふる。とり肉と高野豆腐に薄く片栗粉をまぶす。
  2. 鍋にごま油小さじ2を熱して1のとり肉と高野豆腐を炒め、だし汁、砂糖大さじ1弱、酒小さじ2、しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/4を加えて、弱めの中火にし、10分くらい煮る。
  3. 2の鍋にグリーンピースを加えて弱火にし、火が通るまで4〜5分煮る。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 今清水隆宏

食材の扱い方・ポイント

高野豆腐
高野豆腐
豆腐の加工品の一つ。しみ豆腐、凍り豆腐ともいいます。和歌山県・高野山の宿坊で、豆腐をゆで…

基本の扱い方

もどす(1)

80℃くらいの湯に入れて、ペーパータオルなどで落としぶたをし、途中で上下を返し、大きさが2〜2.5倍くらいになったら、水にとります。
●網じゃくしなどですくい上げたとき、はみ出た部分がしなれば、芯(しん)までもどっています。

もどす(2)

もどったら、手のひらで押すように水けをしっかり絞ります。水につけて絞る、を数回繰り返すと特有の臭みが取れます。

グリーンピース
グリーンピース
春の豆の代表選手“グリーンピース”。えんどう豆の実を、さやから出して食べます。旬の時期に…

基本の扱い方

さやから取り出す

さやをひねると筋のある部分が開くので、そこに指を入れ、両側に開いて、豆を取り出します。

ゆでる(1)

ゆでる前に塩をまぶします。アクが抜け、色鮮やかに仕上がります。さやから出したグリーンピース3/4カップ分に対して、塩小さじ1/2を目安に。

ゆでる(2)

グリーンピース3/4カップに対し、湯2カップを沸かして、塩をまぶしたグリーンピースを入れてゆでます。さっと2分ほど、ゆですぎないように。
ゆであがったら、鍋に入れたまま粗熱をとると、きれいに仕上がります。急いでいるときは、鍋底を冷水に当てても。ゆでたものをざるに上げると急に冷え、表面にしわが寄る原因になります。

保存

ゆでてから保存

保存は、ゆで汁ごと密閉容器入れて冷蔵庫へ。こうすると、しわが寄りにくくなります。2〜3日で食べきって。
冷凍保存する場合は、ゆでてから野菜用の冷凍用保存袋に入れます。2週間ほどもちます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //