五穀雑炊

232kcal
0.6g
40min
五穀雑炊
五穀雑炊

毎日のおかず

藤野嘉子さんのレシピ

しょうがたっぷりで、胃にもやさしい

材料(4人分)

しょうが…1/2かけ
米…1カップ(180ml)
五穀米…1袋(30g)
とりむね肉…1枚(150g)
長ねぎ…1/3本
赤とうがらし…1/2本
・塩

作り方

  1. 五穀米は炊く30分前に袋の表記通りに水につけておく。長ねぎは長さを5cmに切る。しょうがは皮をむいて薄切りにする。赤とうがらしは半分に切って種を除く。鍋に水5カップを入れ、サッと洗った米、五穀米、とり肉、長ねぎ、しょうが、赤とうがらしを入れてふたをし、火にかける。
  2. 沸騰したらアクを取り、弱火で30分煮る。焦げつかないように途中で数回へらで鍋底をかき混ぜる。
  3. とり肉を取り出し、粗熱がとれたら手で細かく裂く。塩で味をととのえ、器に盛ってほぐしたとり肉をのせる。

    ●調理時間に五穀米の浸水時間は含まない

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 福岡拓

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…
米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…
長ねぎ
長ねぎ
薬味や香味野菜として欠かせないねぎ。白い部分が長いものは、「千住ねぎ群」という品種で、一…
とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31595品をご紹介!