レシピ 「ゴーヤー」の人気レシピ

ゴーヤーの人気レシピをご紹介します。簡単サラダやおひたし、苦くないポイントがわかるレシピも!

絞り込み検索

おかず/お菓子

条件を指定

調理時間

カロリー

ジャンル

苦手な食材(使わない食材)

使う食材

カテゴリ検索
野菜その他を使ったレシピ

もっと見る

人気レシピ:100

簡単ゴーヤーチャンプルー

簡単ゴーヤーチャンプルー

めんつゆだけで味がしっかり決まる!

  • カロリー 409kcal
  • カロリー 簡単、時短
ゴーヤーの肉詰め

ゴーヤーの肉詰め

ゴーヤーの苦みがアクセントに

  • カロリー 273kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
ゴーヤーの天ぷら

ゴーヤーの天ぷら

ふんわりころもがゴーヤーを包み込む

  • カロリー 360kcal
  • カロリー 時短
厚揚げとゴーヤーのチャンプルー

厚揚げとゴーヤーのチャンプルー

くずれにくい厚揚げでボリュームアップ!

  • カロリー 368kcal
  • カロリー 時短
ツナ入りゴーヤーチャンプルー

ツナ入りゴーヤーチャンプルー

苦みがやわらぎ、食べやすくなったゴーヤーで

  • カロリー 369kcal
  • カロリー 時短
ゴーヤーの梅おかかあえ

ゴーヤーの梅おかかあえ

ちょっと一品欲しいときに

  • カロリー 30kcal
  • カロリー 時短
ゴーヤーのおひたし

ゴーヤーのおひたし

苦みのある野菜もぐっと食べやすく

  • カロリー 34kcal
  • カロリー 時短
牛肉とゴーヤーのオイスター炒め

牛肉とゴーヤーのオイスター炒め

コクのある味つけとゴーヤーの苦みがぴったり

  • カロリー 421kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
ゴーヤーのつくだ煮

ゴーヤーのつくだ煮

しめじと削りがつおのうまみがきいたぜいたくなご飯のお供

  • カロリー 206kcal
  • カロリー 時短
にんにくと夏野菜の素揚げ

にんにくと夏野菜の素揚げ

じんわりと甘く、ジューシーな揚げ野菜

  • カロリー 386kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
ゴーヤーとせん切りにんじんのサラダ

ゴーヤーとせん切りにんじんのサラダ

味の濃い野菜2種でビタミン補給にも

  • カロリー 44kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
みょうがとゴーヤーの酢漬け

みょうがとゴーヤーの酢漬け

夏の代表野菜で和のピクルスを

  • カロリー 20kcal
  • カロリー 時短
豆腐のおかずサラダ

豆腐のおかずサラダ

マイルドなたれだから、たっぷりかけて召し上がれ

  • カロリー 311kcal
  • カロリー 時短
豚とゴーヤーのそうめんチャンプルー

豚とゴーヤーのそうめんチャンプルー

ゆでるのも、炒めるのもフライパン1つ!とりガラスープがうまみのもとです

  • カロリー 557kcal
  • カロリー 時短
ゴーヤーのサラダ

ゴーヤーのサラダ

ツナがゴーヤーの苦みをマイルドに。ひんやりシャキッの食感が◎

  • カロリー 183kcal
  • カロリー 時短
ゴーヤーのフリット

ゴーヤーのフリット

揚げたゴーヤーのこうばしさは神!わたのふわふわ食感も新鮮

  • カロリー 247kcal
  • カロリー 時短
焼き野菜のえびカレー

焼き野菜のえびカレー

焼いて野菜の甘みを引き出しました

  • カロリー 622kcal
  • カロリー 時短
豚バラゴーヤーチャンプルー

豚バラゴーヤーチャンプルー

豚肉は厚めに切ってボリュームを出す

  • カロリー 593kcal
  • カロリー 塩分控えめ、時短
ゴーヤーのきんぴら

ゴーヤーのきんぴら

少しだけ残った苦みがおいしい

  • カロリー 100kcal
  • カロリー 時短
ゴーヤーとツナのしょうゆあえ

ゴーヤーとツナのしょうゆあえ

ビタミンたっぷりのゴーヤーはツナにも合う! 切ってあえるだけの簡単レシピ

  • カロリー 118kcal
  • カロリー 時短

1/ 5 ページ

1 2 3 4 5 next
(ごーやー)

ゴーヤーの基本情報

ゴーヤー
撮影:貝塚 隆

ゴーヤーの特徴

「にがうり」とも呼ばれ、さわやかな苦みが特徴の南国の野菜。熱帯アジアが原産で、マレーシアから香港、中国南部、台湾、日本では九州、沖縄で栽培されています。
沖縄料理のゴーヤーチャンプルーのほか、あえもの、酢のもの、サラダ、揚げものなどに。調理の前に、水にさらす、塩でもむ、さっとゆでるなどの下ごしらえをすると、苦みや独特の青臭さが弱まります。

ゴーヤーの選び方ガイド

表面のこぶ状の突起に張りがあってかたく、つぶれていないことと、皮の緑色が鮮やかなことが新鮮で良質なものを見分けるポイントです。また、緑色が濃いもののほうが苦みが強いようです。
ごつごつした見た目に反して、意外といたみやすいので、なるべく早く使い切りましょう。1本を使い切らずに保存する場合は、種とわたを取り除き、ラップに包んで冷蔵庫へ。

ゴーヤーの旬 ゴーヤーの栄養 ゴーヤーの扱い方