焼き豆腐と帆立の煮もの

372kcal
2.3g
25min
焼き豆腐と帆立の煮もの
焼き豆腐と帆立の煮もの

煮る時間は少なくてもOKのお手軽メニュー

材料(2人分)

焼き豆腐…1丁
冷凍帆立貝柱…8個
絹さや…100g
めんつゆ(市販品をかけ麺用に薄めたもの)…150cc
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1/2 水大さじ2)
もみのり…適宜

作り方

  1. 帆立は解凍してからフライパンで素焼きにして両面に焼き色をつける。絹さやは筋を取って下ゆでする。焼き豆腐は一口大に切る。
  2. 鍋にめんつゆを煮立て、焼き豆腐、帆立、絹さやを入れて中火で5〜6分煮て、器に具を盛りつける。
  3. 煮汁に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけて2にかけ、もみのりをのせる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 岡本真直

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

絹さや・スナップえんどう
絹さや・スナップえんどう
旬は春から初夏。いずれも、えんどう豆の若いさやを食べる品種です。絹さやは、実が成長してい…

基本の扱い方

筋を取る

さやの両側についた筋は食べるときに口に残るので、取り除いてから調理します。
さやの先端からへたに向かってそっと引くように筋を取り除き、そのままへたを小さく折り、続けて反対側の筋を引いて取り除きます。

絹さやをゆでる

絹さやは、塩を加えた熱湯でさっとゆで、すぐに冷水にとって冷やし、冷えたらすぐ水を切ります。
下ゆでせずにじかに炒める場合は、水にさらすとよいでしょう。炒める前に水にさらしてシャキッとさせ、よく水をきってから炒めます。

スナップえんどうをゆでる

スナップえんどうは、塩ゆでするとき、塩と同量の砂糖を湯に加えると、独特の青臭さをやわらげることができます。
湯3〜4カップに対して塩、砂糖各小さじ1程度を目安に。
スナップえんどうは、加熱しすぎると歯切れのよい食感が損なわれます。ゆで時間は、緑色が鮮やかになる1分〜1分30秒くらいを目安に。ざるに上げたら冷水にとり、色止めをします。より味わいを大切にする場合は、冷水にとらず、ざるに広げて、急激にさましても。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //