牛肉とチンゲン菜の辛みそ炒め

時短でラク
346kcal
2.3g
15min
牛肉とチンゲン菜の辛みそ炒め
牛肉とチンゲン菜の辛みそ炒め

パンチのきいたスタミナおかず

材料(2人分)

  • 牛焼き肉用肉…150g
  • 下味
  •  ・酒…大さじ1
  •  ・塩…少々
  • チンゲン菜…小2株(約200g)
  • パプリカ…1/2個
  • 合わせ調味料
  •  ・みそ…大さじ1 1/2
  •  ・酒…大さじ1
  •  ・砂糖…大さじ1/2
  •  ・豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1/2〜1
  • ・片栗粉、サラダ油
牛焼き肉用肉…150g
下味
 ・酒…大さじ1
 ・塩…少々
チンゲン菜…小2株(約200g)
パプリカ…1/2個
合わせ調味料
 ・みそ…大さじ1 1/2
 ・酒…大さじ1
 ・砂糖…大さじ1/2
 ・豆板醤(トウバンジャン)…小さじ1/2〜1
・片栗粉、サラダ油

作り方

  1. チンゲン菜は葉と軸に切り分け、葉は2cm幅に切り、軸は根元から八つ割りにする。パプリカは横1cm幅に切る。牛肉は大きければ食べやすく切り、下味をもみ込み、片栗粉大さじ1/2を混ぜ、最後に油小さじ1を加えて全体にからめる。
    下味と片栗粉をもみ込んだ肉に油をからめると、うまみが逃げず、炒めるときにほぐれやすい。
  2. フライパンに油大さじ1/2を熱し、牛肉を並べ入れ、途中上下を返して両面を焼きつける。肉に焼き色がついたら端に寄せ、あいたところにチンゲン菜の軸とパプリカを入れてさっと炒める。
  3. 野菜に油がまわったら合わせ調味料を加え、チンゲン菜の葉も加えて、汁けをとばしながら炒め合わせる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

きじまりゅうた
きじまりゅうた
料理研究家。祖母は料理研究家の村上昭子氏、母は料理研究家の杵島直美氏という家庭に育ち、子どもの頃から自然と料理に親しむ。アパレルメーカー勤務を経て料理の道へ。書籍やテレビなど、数々のメディアで活躍。

食材の扱い方・ポイント

チンゲン菜
チンゲン菜
中国野菜の中では日本に最も定着した野菜で、結球しない小白菜の仲間です。くせのない穏やかな…

基本の扱い方

根元を切る

根のついていた根元のかたい部分を切り取る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(1)

株が大きい場合は、長さを半分に切り、葉の大きいものは縦半分に切る。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(2)

軸は根元から包丁を入れ、縦半分に切り、さらに2等分する。

葉と軸(肉厚の部分)を分けて切る(3)

軸の太いものは、縦半分にしてから食べやすい大きさに3〜4等分にする。

根元の泥を落とす

根元の軸の内側に泥がついていることがあるので、切り分けたら、広げて水の中で洗う。

四つ割り

縦半分に切って、さらに縦半分に切る。根元に包丁を入れて手で裂いても。
●小ぶりのものは、形を生かして長いまま使っても。

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31291品をご紹介!