すりおろしじゃがいもの鮭チャウダー

293kcal
2.3g
すりおろしじゃがいもの鮭チャウダー
すりおろしじゃがいもの鮭チャウダー

お母さん先生に習う楽うまおかず

荻野恭子さんのレシピ

じゃがいものでんぷんがとろみに

材料(2人分)

生鮭…2切れ
牛乳…1 3/4カップ
玉ねぎ…1/2個
しめじ…1パック(約100g)
じゃがいも…小1個(約100g)
洋風スープの素(固形)…1/2個
・塩、こしょう

作り方

  1. 鮭はざるにのせ、両面に熱湯を回しかける。玉ねぎは1cm四方に切る。しめじはほぐす。
  2. 鍋に玉ねぎ、しめじ、水1/2カップ、スープの素を入れ、塩小さじ1/2、こしょう少々をふって、鮭をのせる。ふたをして中火にかけ、煮立ったら弱めの中火にして約5分煮る。
    鮭の皮や骨は、加熱すると除きやすくなるのでそのまま煮る。身はほぐれてOK。
  3. 鮭の皮と骨を取り除き、身を大きくくずす。牛乳を加え、温まったらじゃがいもをすりおろしながら加える。よく混ぜながら約5分煮る。
    じゃがいものでんぷんを利用。最後にすりおろして加え、とろみが出るまで煮る。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.9倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

プロのひとこと

チャウダーは本来、バターと小麦粉でとろみをつけますが、じゃがいものすりおろしで代用しました。これだとだまになることなく、濃厚なとろみがしっかりつきますよ。

荻野恭子
荻野恭子
料理研究家、栄養士、フードコーディネーター。世界の料理を学べる料理教室「サロン・ド・キュイジーヌ」主宰。これまでに65か国以上を訪れ、各国の家庭やレストランで伝統的な料理やお菓子を取材。新聞・雑誌の連載、講演会活動、メディア出演(3分クッキング、きょうの料理、あさイチ)など幅広く活動している。著書「おいしい料理は、すべて旅から教わった」他多数。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 洋食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

鮭
サケ科の魚には「白鮭」「紅鮭」「キングサーモン」などいくつか種類がありますが、一般に鮭と…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…
しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…
じゃがいも
じゃがいも
和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31700品をご紹介!