切り干し大根とパプリカの卵焼き

281kcal
2.4g
切り干し大根とパプリカの卵焼き
切り干し大根とパプリカの卵焼き

切り干しのうまみが口の中にじゅわっと広がる

材料(2人分)

切り干し大根…20g
赤パプリカ…1/2個
小松菜…2/3わ
卵…3個
酒…小さじ2
塩…小さじ1/4
ごま油…大さじ2
たれ
 ・酢、しょうゆ…各大さじ1

作り方

  1. 切り干し大根はさっと洗い、水に約5分つけてもどす。水けを絞り、食べやすく切る。赤パプリカは縦薄切りにし、小松菜は根元に十字の切り目を入れ、2cm長さに切る。ボウルに卵を溶きほぐし、切り干し大根、パプリカ、小松菜、酒小さじ2、塩小さじ1/4を加えて混ぜる。
  2. 直径約20cmのフライパンにごま油大さじ2を中火で熱し、1の卵液を流し入れ、半熟状になるまで大きく混ぜる。底面に焼き色がついたら、フライパンよりひとまわり大きい皿をかぶせてフライパンごと上下を返し、滑らせるようにフライパンに戻し入れる。弱火で約7分焼いて器に盛り、たれをかけて食べる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ワタナベマキ
ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーから料理の道へ。季節感を大切にした、旬の素材を活かす料理や保存食、乾物料理が人気。「何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい」(KADOKAWA)など、常備菜や弁当、朝食を紹介する著書が多数ある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 邑口京一郎

食材の扱い方・ポイント

切り干し大根
切り干し大根
せん切りや細く削った大根を、すのこの上に広げ、天日で乾燥させたものが切り干し大根。宮崎県…

基本の扱い方

もどす(1)

たっぷりの水に放して、もむようにして軽く洗い、ごみや切りくずを除きます。そのまま酢漬けなどにする場合は、すぐにざるに上げて水を絞り、酢液などに漬けます。

もどす(2)

煮る場合は、洗ったあと、かぶるくらいの水につけてもどします。もどし時間は、商品の表示に従うとよいでしょう。目安は10分ほどです。もどったら、軽く絞って調理します。もどすと、かさは2倍、重さは4倍近くになります。水につけすぎると、風味まで抜けてしまうので、注意して。

小松菜
小松菜
関東で冬に好まれる野菜の代表格。東京都江戸川区小松川で作られていたことからこの名がありま…

基本の扱い方

根元を洗う

根元に土がたまりやすいので、根の部分を切り取り、水につけて、指で茎と茎の間に水を通すようにして土を洗い流す。

用途に応じた長さに切る

根元がバラバラになるよう、1cmほど切り落として、用途に応じた長さに切る。5cmくらいが食べやすい。切ったあと、根元の部分をもう一度洗うと、土が残る心配がない。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //