じゃがいもの冷たいスープ

297kcal
0.6g
じゃがいもの冷たいスープ
じゃがいもの冷たいスープ

冷たいなめらかスープ

平野由希子さんのレシピ

冷たく冷やせば、暑い日にもすーっとのどを通る1品に

材料(作りやすい分量・2〜3人分)

じゃがいも…小2個
玉ねぎ…1/2個
長ねぎ…1/2本
「簡単ブイヨン」…1カップ(または顆粒スープの素小さじ1/2、水1カップ)
牛乳…1カップ
生クリーム…1/2カップ
バター、塩、こしょう

下ごしらえ

  1. じゃがいもは5mm幅の輪切りにして水にさらし、水をきる。玉ねぎは縦薄切りにし、長ねぎは小口切りにする。

作り方

  1. 鍋にバター大さじ1を溶かし、弱めの中火で玉ねぎと長ねぎを入れて炒める。焦げないように炒めて、全体がしんなりしたらじゃがいもを加える。
    ねぎを炒める
  2. 「簡単ブイヨン」と塩少々を加え、煮立ったら弱火にして10~15分、じゃがいもに竹串がスーッと通るくらい、やわらかくなるまで煮る。
    顆粒スープの素を使う場合は、塩を入れずに煮て、最後に味をみて塩を加えても
    竹串を刺してみて、割れずにスーッと通ったらOK。割れるようであればまだかたい証拠。
  3. 牛乳を加えて混ぜ、ミキサーでなめらかになるまでかくはんする。
    牛乳を加えてミキサーでかくはんする
    なめらかになったら、このまま食べてもおいしい。温かいまま食べるならば、冷たいスープと違い、生クリームは加えるとしても、大さじ2~3程度でOK。
  4. ボウルに入れ、生クリームを加えて混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫で2~3時間、冷たくなるまで冷やし、塩、こしょうで味をととのえる
    生クリームを加える

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

平野由希子
平野由希子
料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、大井町のワインバー「8huit.」オーナー。書籍や雑誌などでも活躍しながら、商品開発なども手掛ける。著書に「ソムリエ料理家の ワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 竹内章雄

食材の扱い方・ポイント

じゃがいも
じゃがいも
和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…
長ねぎ
長ねぎ
薬味や香味野菜として欠かせないねぎ。白い部分が長いものは、「千住ねぎ群」という品種で、一…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ34268品をご紹介!