まいたけと牛肉の赤ワイン煮

327kcal
1.7g
40min
まいたけと牛肉の赤ワイン煮
まいたけと牛肉の赤ワイン煮

野菜のおかず 201品

重野佐和子さんのレシピ

洋食屋さん風の味わいがうれしい

材料(2人分)

まいたけ…1パック(150g)
牛薄切り肉…150g
玉ねぎ…1個(200g)
ホールトマト缶…1/2缶(200g)
ドミグラスソース(缶詰)…100g
にんにく…1/2片
ローリエ…1枚
あればタイム…3枝
小麦粉…大さじ1/2
赤ワイン…120ml
・塩、こしょう、バター

作り方

  1. まいたけは大きめに手でほぐす。牛肉は10cm幅に切って塩、こしょう各少々をふる。玉ねぎは縦半分に切って、横1cm幅に切る。ホールトマトは手でつぶしておく。にんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにバター5gを溶かして牛肉を炒め、こんがりと焼き色がついたら取り出す。バター5gをたしてにんにくを炒め、香りが出たら玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒める。牛肉を戻して小麦粉をふり入れ、炒める。粉っぽさがなくなったら赤ワインを注ぎ、鍋底をこそげるように混ぜながら煮立てる。トマト、ドミグラスソース、水2/3カップ、ローリエ、タイムを加えてふたをし、約20分煮る。
    水より前にワインを加えると肉がふっくらと煮える。ワインで鍋底をこそげるようにして残さずうまみを煮汁に入れる。
  3. まいたけを加えて5分煮て、塩、こしょうで味をととのえる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

重野佐和子
20代でフランス研究家となり、フードビジネスに携わる。大腸がん手術ののち、自らの体験をもとに術後の食事を研究。大腸がん術後食のエキスパートとなる。おなかに優しい「おからマフィン」が人気。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 富士晃

食材の扱い方・ポイント

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…
にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…
タイム
タイム
南ヨーロッパ原産のシソ科の植物で、西洋料理、特にフランス料理に欠かせないハーブです。上品…
牛肉
牛肉
日本で牛肉を食べ始めたのは江戸時代末期で、日常食になったのは、大正時代からです。市販され…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32563品をご紹介!