あじの高菜炒め

176kcal
1.5g
25min
あじの高菜炒め
あじの高菜炒め

藤野嘉子さんのレシピ

コクうま味でご飯が進む

材料(2人分)

あじ…2尾
ゆでたけのこ…150g
長ねぎ…10cm
万能ねぎ…5本
高菜漬け…30g
・ごま油、酒、しょうゆ

作り方

  1. 包丁の先で表面のうろこを除いてから、尾のつけ根に包丁を入れ、ぜいご(尾に近い部分にあるとげ状のうろこ)をそぎ取る。2までペーパータオルなどを敷いておくと始末が楽。
  2. 胸びれの下から包丁を斜めに入れ、胸びれごと頭を切り落とす。腹に4〜5cmの切れ目を入れて、包丁の刃先を使って内臓をかき出す。
  3. あじの腹をよく洗う。指でこすって汚れを取る。中骨のところは血がたまっているので爪を立てるようにして洗って。ペーパータオルでふく。腹をよくふくと臭みが抑えられる。
  4. 中骨に沿って包丁を入れ、頭側から尾に向かって半身を切り離す。包丁の刃のあたりに左手を添えると切りやすい。
  5. 反対側の半身も同様に切って、半身2枚と中骨1枚に分ける。
  6. 皮を下にして、腹骨の上部に包丁を入れ、刃元から引くようにして腹骨をそぎ取る。一度で引くようにするときれいに切れる。同様にしてもう1枚の半身の腹骨もそぎ取る。
  7. 中骨があったあたりにある小骨を抜く。指の腹で触って小骨を確認しながら、尾のほうから頭側に向かって斜めに引くと抜きやすい。
  8. 頭側から尾に向かってゆっくりと皮を引く。皮が身に残らないように、身を反らせるようにしながら、少しずつ皮を引いていくとよい。
  9. たけのこは縦半分に切って縦薄切りにし、長ねぎは長さを半分に切って縦細切りにする。万能ねぎは5cm長さに切り、高菜漬けは細かく刻む。おろしたあじの小骨を取り、横5〜6cm長さのそぎ切りにする。
  10. フライパンにごま油大さじ1を熱し、あじを皮目から並べ入れて焼く。こんがり焼き色がついたら上下を返し、同様に焼いて取り出す。
  11. フライパンをペーパータオルでさっとふいてきれいにし、たけのこ、高菜漬けを入れて炒める。たけのこが薄く色づいたら、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1を加えてさっと炒める。あじを戻し入れ、長ねぎ、万能ねぎを加え、炒め合わせる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

藤野嘉子
大学在学中から料理番組のアシスタント、料理研究家助手を務める。その後フリーとなり雑誌、テレビ、講習会で料理の指導をする。著書に「女の子の好きなお弁当」(文化出版局)、「魚のおかずに強くなる」(オレンジページ)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 杉田学

このレシピの参考動画

食材の扱い方・ポイント

あじ
あじ
世界じゅうの広い海域で暖流にのって回遊する青魚で、種類も多いあじ。漁獲量の最も多い「真あ…
たけのこ
たけのこ
中国原産で、日本には江戸時代に渡ってきたといわれています。市場には、年末から出始めますが…
長ねぎ
長ねぎ
薬味や香味野菜として欠かせないねぎ。白い部分が長いものは、「千住ねぎ群」という品種で、一…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ32563品をご紹介!