フライパンチャーシュー

691kcal
4.0g
フライパンチャーシュー
フライパンチャーシュー

かたまり肉はたれにあらかじめ漬けて。フライパンで、短時間で作っても味のしみがよくなります。

材料(作りやすい分量)

豚肩ロースかたまり肉…2本(1本約350g)
ゆで卵…4個
長ねぎの青い部分…2〜3本分
しょうがの薄切り…1 1/2かけ分
ししとうがらし…15本
たれ
 ・しょうゆ…1/2カップ
 ・みりん、酒…各80ml
・砂糖、サラダ油

作り方

  1. 約2mのたこ糸を2本用意する。豚肉1本にたこ糸1本を格子状に巻きつける。横に4〜5回巻き、さらに縦に3〜4回巻いて縛る。残りも同様にする。
  2. ボウルに肉を入れ、砂糖大さじ2をまぶし、しっかりとなじむまで手でもみ込む。たれ、ねぎ、しょうがを加えて軽くもみ、時々上下を返しながら、約10分おく。
  3. フライパンに油少々を熱し、2を汁けをきって入れ、たれは、ねぎ、しょうがとともにとりおく。肉の表面全体に軽く焼き色がつくまで焼く。
  4. 3でとりおいたたれ、ねぎ、しょうが、水2 1/2カップを加え、アクを取りながら煮る。煮立ったら弱めの中火にし、オーブン用ペーパーで落としぶたをし、約15分煮る。
  5. 豚肉の上下を返し、あいたところにゆで卵、ししとうを加える。落としぶたをして15〜20分煮る。
  6. 粗熱がとれたら煮汁とともに保存容器に入れて冷蔵保存する。チャーシューは約1週間、卵とししとうは3〜4日間保存可能。また、チャーシューは冷凍保存も可能。粗熱がとれたら食べやすく切ってラップで包み、煮汁はファスナーつき保存袋に入れて、それぞれ冷凍で約1カ月保存可能。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

ワタナベマキ
ワタナベマキ
料理家。グラフィックデザイナーから料理の道へ。季節感を大切にした、旬の素材を活かす料理や保存食、乾物料理が人気。「何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい」(KADOKAWA)など、常備菜や弁当、朝食を紹介する著書が多数ある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • 和食
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 野口健志

食材の扱い方・ポイント

しょうが
しょうが
香辛料として、日本料理や中国料理に欠かせないしょうがは、熱帯アジア原産で、平安初期ごろに…

基本の扱い方

つぶす

まな板にしょうがを置いて、木べらなどをあて両手で押さえてつぶします。

切り方

薄切り

針しょうがやせん切りになど、飾り切りにする場合は、皮を薄くむいたら、繊維の方向に、端からできるだけ薄く切ります。
炒めものなど、見た目を気にしない場合は、繊維を断つ方向に切ってもよいでしょう。

せん切り

薄切りを縦に置いて2〜3mmずつずらして重ね、端からできるだけ細く切ります。

みじん切り

せん切りを横に向きを変えて、端からできるだけ細かく切ります。

ししとうがらし
ししとうがらし
日本在来の辛みがない甘味種のとうがらし。「ししとう」は通称で、先端部分のへこんだ部分に小…

基本の扱い方

軸を切り落とす

軸はかたくて口当たりがよくないので、数mmを残して切り落とします。形を気にしないなら、へたごと折り取ってしまってもよいでしょう。

細切り

細切りとして使うときは、縦半分に切ります。種を除くと口ざわりがよくなるので、縦半分に切ったら種を除いて調理しても。

斜め半分に切る

ボリューム感を出したいときは、長さを斜め半分に切ります。

穴をあける

揚げるときは、竹串で穴をあけるか、包丁で切り込みを入れておきます。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //