簡単カオマンガイ

545kcal
4.8g
簡単カオマンガイ
簡単カオマンガイ

ほったらかしのフライパン&鍋レシピ

平野由希子さんのレシピ

のせて炊くだけで、人気エスニックもできた!

材料(2〜3人分)

とりむね肉…1枚(約250g)
米…2合
たれ
 ・赤とうがらしの小口切り…1/2本分
 ・しょうゆ…大さじ2
 ・砂糖、酢、ごま油…各小さじ2
・塩、酒

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗って、ざるに上げる。
  2. とり肉は斜め半分に切り、塩小さじ1/2をすり込み、酒大さじ1をふる。
    とり肉は大きいままだと火がまわりにくいので、切ってからのせて。
  3. 鍋に1、水2カップ、塩小さじ1を入れてざっと混ぜ、2の皮目を上にしてのせる。ふたをして中火にかけ、煮立ったら弱火にし、14〜15分加熱する。火を止め、約10分蒸らす。
  4. とり肉を取り出して、それぞれ4等分のそぎ切りにする。器にご飯を盛り、とり肉を添え、好みできゅうりの斜め薄切り、香菜(シャンツァイ)のざく切りを添える。たれの材料を混ぜて添え、かけて食べる。

※カロリー・塩分は1人分での表記になります。
※電子レンジを使う場合は600Wのものを基準としています。500Wなら1.2倍、700Wなら0.8倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

平野由希子
平野由希子
料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ、大井町のワインバー「8huit.」オーナー。書籍や雑誌などでも活躍しながら、商品開発なども手掛ける。著書に「ソムリエ料理家の ワインを飲む日のレシピ帖」(KADOKAWA)などがある。
カテゴリ:
主な食材:
ジャンル:
  • エスニック
レシピ作成・調理:
撮影:
  • キッチンミノル

食材の扱い方・ポイント

米
日本の食に欠かせない米。日本では主に、ジャポニカ種のうるち米を食べます。うるち米は、精米…

基本の扱い方

米を洗う(1)

ボウルに米を入れ、たっぷりの水を注いで1〜2回混ぜ、すぐに水を捨てます。乾いた米は吸水しやすいので、1回目は、米がぬかのにおいを吸わないよう、手早く。

米を洗う(2)

2回目以降は、水を注いでから手で5回ほど軽くかき回し、水を捨てます。これを5回繰り返せばOK。水が透明になっていなくても、汚れは充分取れています。
※現在は、精米技術が発達し、ぬかや汚れが格段に減っているので、研ぐ(米どうしをこすり合わせるようにする)必要はありません。米が砕けないよう、やさしく洗い流すようにしてください。

吸水させる

米をざるに上げて、30分以上おき、吸水させます。
手軽に吸水させるには、炊飯器に米と、表示どおりの分量の水を入れ、夏なら30分、冬なら1時間ほどそのままおいておきます。
※吸水の必要がない炊飯器も普及しています。ご使用の炊飯器の扱い方を確認してください。

とうがらし
とうがらし
熱帯アメリカ原産のナス科の野菜で、果実を野菜として食べたり、香辛料として使います。紀元前…

おすすめ読みもの(PR)

ラクレシピならレタスクラブ

今日の夕飯のおかず&献立を探すならレタスクラブで!基本の定番料理から人気料理まで、日々のへとへとから解放されるプロ監修の簡単レシピ31291品をご紹介!